中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

ひっそりと・・・

クイズ番組の「オーディション」に行っていた。 超逆境クイズバトル!! 99人の壁 公式問題集ジャンル: 本・雑誌・コミック > 小説・エッセイ > エッセイ > エッセイショップ: 楽天ブックス価格: 1,320円 まだまだ暑かったある日。 電車に乗ってテレビ局へ。 …

中学生、英語に困っている。

進みが早い。 benesse.jp 中学に入って以来、英語で苦戦している。 間違いなく、英語のお陰で成績が振るわない・・・ 明らかに「公立中学」より進むのが早いし、教科書だって違う。 いろいろやってみたが、私も毎日チェックなんてしていられない。 この親子…

待ち時間が辛かった・・・

じっと出来ない子をじっとさせるには? どこに行ってもじっとできなかった息子。 声も大きいし、余計な事も言う。 一緒に出かけたくはなかったが、そうもいかない・・・ 病院なんかだと1時間以上待つ事もある。 「帰りたい」だの「まだなの!!」と怒りだす…

本当は息子の事なんて言えやしない・・・

資格試験を受けたが・・・ さて、「何かやろう!!」と決めて、通信教育で「資格」を取る事にした私。 あれから3年近くが経ち、先日、まもなく「合格している科目」の有効期限が切れるので、最後のチャンスとなるテストに臨んだ。 「あれ?もしかしてこれが…

「働かざる者食うべからず。」その後・・・お金を稼ぐって大変。

親子とも思ったようにはなっていないかな? 今年の夏以降、「お小遣い制度」がなくなり(と言っても1ヶ月1000円だったが。)、 労働に対して対価が支払われるようになった。 がんばれば、がんばるだけ儲かる!! 「それはいい!!」と一応食い付いた息…

電車の中・・・

今までとは違う・・・ 塾の帰り道の事。 親子2人で電車に乗っていた。 途中の駅で、1つ飛ばしで席が空いたので、それぞれに座った。 1月の入試以来、腰を痛めたままで通院中の私。 そぉっと浅く座っていた。 それに文句を言う20代の女。 「ちっ、ちゃん…

子育てが難しすぎる。

「お母さん」って大変。 とりあえずの受験も終わり、一安心かと思えば、全く勉強せず、急下降する成績。 何を話そうとしても聞く耳を持たず、 「売り言葉」に「買い言葉」の応酬の日々。 力だって強くなり、もう腕力でも勝てない。 「花まる学習会」の高濱先…

「電車好き」は頭がいい?

男子は興味がある事は覚える。 幼稚園の頃から電車好きだった息子。 特に「踏み切り」が好きで、踏み切りがカンカンと鳴りだすと、電車が通る方に行き、より近くで電車を見ていた。 1本ごとに、その繰り返し。 思えば、小さい頃から「車両」の数を数えてい…

思惑通りの展開。

溜めていたバケツの水にボウフラがわいた。 いつの間にか家の水槽の中にまた「ハゼ」が増えていた。 前回、水槽に数匹入っていた「ハゼ」はいつの間にか、他の魚たちのエサとなっていた。 他にも、透き通っていて良く見えていなかったが「エビ」がいた。 本…

かばんの底から出てきたものは・・・

いつまでたっても・・・ 連休中、台風も来て、雨も降っているし、ずっと家にいた。 もうすぐ「中間テスト」もあるので「勉強を!」という事だった。 ↓ もっとよく読めよ・・・ 中学生 中間・期末テストの勉強法 作者: 高濱正伸,大塚剛史 出版社/メーカー: 実…

悲しすぎて読み聞かせできなかった本。

親心ってこういう事。 「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」という絵本がある。 表紙のインパクトと、タイトルに惹かれて購入してみたが、悲しすぎて、読み聞かせの途中で泣いてしまい、最後まで読めなかった本だ。 小学生のボ…

台風の後。

近くの川に行ってみた。台風の間、古い家なので、ずっと揺れていた。雨も吹きつけて恐ろしかった・・・ 朝起きてみると快晴だった。 息子と近所を歩いてみたが、葉っぱがちょっと落ちていて、あとはゴミ箱が1つ転がっていた。 川に行ってみると、水位が下が…

台風の中考えること

川が氾濫したら・・・ 先日、近所の川で「クロダイ」が泳いでいるのを見たらしい。 結構な大きさのものが泳いていたそうで、ずっと気になっている。 要するに釣りたくてしょうがないのだ。 「川が溢れたらいろんな魚が流されちゃうよね?」 魚が流されるより…

ゲームを考える。

うちは「ゲームは一切やらせない」でずっとやってきた。 年長から「花まる学習会」に通う息子。 私はその頃から「高濱先生の講演会」に参加していた。 言われていたのが 「ゲームをすると「ゲーム脳」になってしまう。」というお話だった。 ゲームによって「…

中学生活。

普段の生活。 中学生になっての「電車通学」。 朝は早くて、帰りも遅い。 小学校とは全然違う、長い「通学時間」で大変。 おまけに、毎日お弁当。 「持ち物」が増えると、失くし物も増える。 とうとう恐れていた「定期券」もこの前失くして再発行となった。 …

趣味の釣りと仕事の釣りは違う。

「漁師になりたい」と言いだした。 「釣り」が楽しすぎて「漁師になろうかな?」と言いだした息子。 自分の人生、好きな事をすればいいが、 漁師なら・・・・私立中学、受験、塾、全部いらないんじゃないか? 「経験」積むのに、できるだけ早く、漁に出た方…

「花まる サムライ合戦」。親子サムライ編。

10月13日(日)、14日(月)さいたま大宮公園で「サムライ合戦」が体験できる!! 朝から雨が降る中、埼玉県に向けて出発した。 「鴻巣駅8:36のバスに乗れ」と書いてある・・・・ メチャクチャ眠い・・・ 「小見野学校」という廃校になった小校で…

親子スマホ合戦。機械に疎い母親はツライよ・・・

YouTubeとの戦い!! 学校の成績が酷過ぎる。 全然勉強しない。 まだ「生き物捕獲」はいい。 でも 「YouTube」を見て時間を潰すなんて許せない! 今まで息子がこんなに「YouTube」にハマっているなんて気が付かなかった。 いつものように信じ…

「罠を仕掛けての生き物捕獲」その後・・・

やはり見つかって怒られた。 朝早く、学校に行く前に「生き物捕獲の罠」を仕掛けていた息子。 ある日、その「罠一式」を持ち帰ってきた。 「飽きたのかな?」と思っていたら、近隣からの苦情が入り、先生に怒られて撤収させられたようだ・・・ ↓ 学校に持っ…

仲直りしたのも束の間。酷過ぎる・・・

そりゃぁ、「こんな子いない」と言われるさ。 連日のケンカで、お互いにダメだと思い始めた・・・ 「ごめんね」と言い合って仲直りしたのだが・・・ 学校に行く段になって「定期がない!!」 息子が忘れて行った定期を、私が駅まで届けて、駅から出る前に渡…

何もかもが上手くいかない。

親子ゲンカが絶えず疲弊している。 世の中に出回っている書籍やブログでは、「大変な子」を温かく見守って、冷静で穏やかなお母さんたちのがんばっている姿が多い。 どんな子でも「あなたはお母さんなんだから、愛情を持って穏やかに育てましょう」と誰もが…

初めての学園祭の話。

どうなっとるんや? 秋の「学園祭」シーズン。 いろんな学校が、それぞれの学園祭を迎えた。 中1の息子の学校にも行ってみた。 息子の学校、未だに造りがよくわからない・・・ 構造が難しすぎる・・・ 「学園祭」自体はいろんな出し物や、お店も出ていて楽…

中学生、1分たりとも勉強しない・・・

もう何も言いたくないが・・・ ↑ これが理想の姿だ!! 学校に行き、クラブ活動に行き、くたくたで帰ってくる。 疲れているのはわかっているさ。 しかし、 「あんたが飼ってる生き物なので、自分でお世話してね!」 そこで彼には「カメの水替え」という、重…

休みの度に思う事・・・

いつになったら勉強し始めるんだろう・・・ 秋には「お休み」が多い。 息子はいつも「○○とちょっと釣り行ってくるね。すぐ帰ってくるから。」 「ちょっとそこの川までガサガサ行ってくる。すぐ帰ってくるから。」 「今日は特別列車が走るから、ちょっと○○駅…

小さい頃「読んでいた本」と「読ませたかった本」。実は今でもお気に入り。

これいいぞ!!と親が思って買っても、気に入らなければ放置される。 小さい頃から毎晩読み聞かせし、息子を本好きにするには成功しかのかもしれない。 読む本は「図鑑」がメイン・・・というところはまあ置いておくとして。 まず、子どもが夢中で読んでいた…

「アデノイド肥大」で手術。

小4の時、入院して手術した。 小さい頃から、風邪をひきやすく、よく高熱を出していた。 そして、 寝ている時の「いびき」がおっさん級で、いつも気になっていた。 夜中に「ンゴッ」と言って、その後「無呼吸」になることもあり、このままじゃマズイ・・・…

中学生、「ないクラブ」は作っちゃえ!

「生物部」ではなく、「生き物捕獲同好会」が欲しい! 息子は今、「運動部」に所属している。 あまり熱心に通っている様子はない。 どうやら「ゆる~い」クラブで、そんなに熱心ではないらしい。 それでもたまに行くと、先輩がやさしく指導してくれるそうだ…

足を速くしたい!!電車好きじゃなかなか・・・

昔「かけっこ教室」というものに行かせてみた。 幼稚園の頃は今と違って、プラレールやBRIOで遊ぶ子どもだったので、ひたすらインドア。 線路をつなげては、電車目線に合わせて寝転がり、延々走らせて遊んでいた。 自分で好きなように組み立てて、電車の…

小さい頃から釣り三昧。

今までの最大級は・・・ 現在も、相変わらずの「釣り好き」だが、 今までで一番大きかった獲物は4年生の時に釣った 「54センチのヒラメ」だ。 この日は、それはそれは「大興奮」で帰ってきた。 「スゴイね~」とは言ったものの・・・ で、これって誰がさ…

「虫捕り」の後がめんどくさい。

標本にしたいけど・・・ 小さい頃、虫を捕ったはいいが、そのまま置いておくと腐ってしまう。 乾燥してバラバラになったり、臭ったりもする。 かといって、中身を出して標本にするのもめんどくさい。 そこでみつけたのが、丸ごとコーティングするという液体…