中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「読み聞かせ」のすすめ。ボランティアも是非やってみてください。

毎日「絵本」を読んでいました。

息子は国語が得意だと思います。

塾の3~4年生の時の先生のお陰もありますが、もしかしたら「読み聞かせ」が効いていたのかも?と思います。

塾の先生曰く「日々の母親とのケンカで、頭をフル回転させ言い訳を考え続けた結果」だとも言われました。(笑)

 

そんな中私は、息子が喜ぶので「小学校の読み聞かせボランティア」を6年間やりました。

1年生の1回目は緊張しました・・・

失敗しないようにしないと・・・と前日練習をたっぷりして行きました。

1人で声を変え何役もこなしながら、感情を込めて読みました。

読む本は「朝から笑って1日過ごせるように」と最後の最後まで「面白い本!!」に終始しました。

「面白い本」をいつもいつも本屋さんで探し、ネットでもレビューを見て探しました。

大人が面白いと思うものと、子どもが大爆笑するものは全然違いました。

購入するとまず息子に「これどう?」と確認します。

息子のO.K.が出れば、「学校で読む」という感じでした。

学校では子どもたちに「面白い本を持ってくるお母さん」と認知され、更に「面白い本をさがさなくては・・・」とプレッシャーでした。

それでも子どもたちは私を見つけると「今日、読み聞かせ?やったー!!」と喜んでくれました。

いつも楽しみにしてくれていました。

ところがある日、「花まる学習会」の高濱先生の講演会で衝撃の一言が・・・

「読み聞かせは感情こめて読むんじゃなくて、子どもたちが情景等を想像しやすいように淡々と読んでください。ショーみたいになってはダメです」と・・・

「あ~、私の読み聞かせってずっとショーみたいだった・・・」やってしまった。

でも普通の「読み聞かせ」としてはそうかもしれないけど、「お楽しみ会」としては成功していたので、まあいいか・・・

お話の最後に「落語」を読むんですが、またみんなが「待ってました」とばかりに喜んでくれて嬉しかったです。

後にわかった事ですが、母の読み聞かせを何年も聞き続けた息子は、国語の時間の「本読み」で感情をこめて、声も変えて読むようになっていました・・・