中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)

「運動会」があった。

小学校から引き続き、お知らせや、プログラムをもたないままの「運動会」参加となった。

いつになったら「完璧な情報を得て」の運動会参加ができるのだろう?

いつ何に出場するのかわからない・・・

人が多すぎて見つけられない・・・

小学校だとまだ人数も少なかったし、遠くても黄色いスニーカーで判別できた。

今回は「あっ、見つけた!」と思ったら終了・・・

撮影が間に合わなかった・・・

1度でいいから、落ち着いて「この次出るんだわ」「○番目に走るから次だわ」

「この辺にいると言ってから見つけやすいわ」等という状態で見てみたい。

 

中学生初めての運動会、息子のチームは優勝した。

負けず嫌いなので大喜びだ。

だが、白いハチマキは「茶色」になり、息子が上がった後のお風呂のお湯も「茶色」だった。

何より、4月に学校が始まって以来「体操服」なんて持って帰ってきていない。

2カ月近く着続けた「体操服」で参加しているのだ。

男子ってみんなこんな感じ?

f:id:mikan-iro:20190519152454j:plain

元は真っ白だった。



 

毎日、塾の帰りに草履で走っていたころは足も速かった。

が、今はスピードが落ちていたな・・・

やはり運動しないと運動能力は落ちるのだ。

バドミントン部に入ったらしいので、そちらで期待したい。

来年の運動会は「プログラム」ぐらいは手元にありますように・・・