中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)

疲れてるはず・・・

やれ「体育祭」だ~、「クラブ活動だ~」って疲れてるはず。

なのに、早朝から起きて「釣り」に出かけていく。

(残念ながらフグしか釣れなかったそうだ)

このパワーは一体どこから来るのか?

帰ってきたってじっとしてやしない

自転車を乗り回し、日が暮れるころになって「暇だからちょっとザリガニ釣り行ってくるね!」と言って、網を持って出かけて行った。

「暇だから」って何?

あちこちに脱いだ服、食べ物の残骸、読みかけの本。

確か「英語やばいから勉強してくる」と言って上にあがったはずなのに、カルピスソーダの蓋が開けっぱなしのまま床に直置きしてあるし、西原理恵子さんの本「家族の悪知恵」が開きっぱなしでソファーの上に乗っている。

そしていつの間にか金魚が移動している。

代わりに「金魚」が入っていた水槽の中に、小さい小さい「エビたち」が入っていた。

こっそり大量のエビを持ち帰っていたのだ

そして今朝息子が学校に行ったあとふと見てみると、「カブトムシ」の蓋が開いていた!

もちろんいない・・・

カメは逃げるし、カブトムシは逃げるし・・・一体どうなっているんだ!

夕方階段でひっくり返って起き上がれない「カブトムシ」発見!!

「生きている!」よかった。

f:id:mikan-iro:20190520232440p:plain

カブトムシ発見!