中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

また学校から電話が・・・

中学生ってこんなに担任の先生から電話が掛かってくるの?

夜の7時ごろ家の電話が鳴った。

家の電話には滅多に掛かってこないのでビクッとした。

もしかしてまた先生?

出てみるとやっぱり担任の先生だった。

何やら学校で「事件」が起こったらしく、息子の帰りが遅くなったという電話だった。

「事件」と言っても、ほんの些細なことだった。

「消しゴム1個消えた」くらいのレベルの話。

息子はその一部始終を見ていて、ニヤニヤしていたので、犯人だと怪しまれたのだ。

事情聴取の中で先生からの「何で笑ってたんだ?」との問いに「何か面白そうな事件が起こったから笑っちゃった」と答えたらしい。

先生や他の子たちから「まぎらわしいからやめろよ~!」と怒られた。

 

それにしても、こんな事で電話が掛かってくるんだ。

しかも先生って夜7時過ぎまで仕事なんだ。

朝だって7時半には学校に着いている。

先生も大変だ・・・

こんな事でわざわざ電話掛けてくれなくてもいいのにな~・・・と思う。

今度は何やったんだよ・・・」とビビるから辞めて欲しい。

こういう些細なことから「いじめ」に繋がるから、丁寧な対応をするそうだ。

それはありがたいと思う。

 

雑談として息子は学校で「何か問題」を起こしてないか聞いてみた。

「う~ん、そうですね~」とちょっとためらった後、「まあ楽しくなっちゃうんでしょうね~」とおっしゃった。

何だか騒いでいるんだな~と思った。

そんな息子の事を「いいところもいっぱいあるので、そこを伸ばして行ってあげたい」とおっしゃってくださった。

何でいい先生だろう・・・ありがたいな。

いい学校に入ったな~と思った