中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

小さい頃の話。野外体験は子どもの成長に繋がる。

下に置くと泣く子だった。

出産後子育ては1人きり。

とにかく泣く子で、少しの物音ですぐ起きて泣きだした。

私は服をめくればすぐおっぱいがあげられるよう、ほぼ半裸で過ごしていた。

3才でやっと幼稚園に入ったのはいいが、早生まれなので幼い・・・

今でも残っている幼稚園の写真は、もう1人の早生まれの子と2人、先生に抱っこされているもの。

トラブルも起こし始めたので、「揉まれて来い!」と思い、あらゆる「キャンプ」に参加させた。

NPO法人のものや、YMCA、その他にも「そらまめキッズ」というのにも参加した。

 

soramamekids.com

 

「そらまめキッズ」には「逃走中」の企画があり、夢中になった。

「太ったハンターがめっちゃ遅くて余裕で逃げられたよ!」なんて楽しそうに話していた。

いろいろ参加させてみてわかったのは「花まる学習会」の野外体験の素晴らしさだ。

比べてみて初めてわかる事もある。

先生方は救命の訓練も受けて、「命を預かる」という決意の下、見てくださっている。

友だち参加もなしで、見知らぬ子ども達と2泊3日、3泊4日を一緒に過ごす。

だいたい2日はいろいろ我慢もできるそうだが、3日ともなるとケンカが起きるらしい。

ありがたい。

いろんな未知の人たちと出会い、容認したり、我慢したりして成長する。

大きい子は当たり前のように小さい子の面倒をみる。

それを先生たちは見守りながら、手助けしたり、声掛けしてくださる。

この「野外体験」に参加し続けたお陰で「小さい子の面倒をみる」というのが当たり前のように出来る子に育った。

知っている人が誰もいなくても「今度はどんな友だちができるんだろう!!」と楽しみにできる子に育った。

もちろん嫌な子がいて我慢したり、大きいお兄ちゃんにいじめられる事もあった。

それも全部経験で、財産となっている。

 

「花まる」に入会中のお子さんたちは、絶対「野外体験」には参加した方がいい!

入会されていないお子さんにも、来年から「花まるHERO」というものが始まるらしいので、楽しみにしていてもらいたい。

 

小さい頃の揉まれ体験は財産になります。

学校で募集しているものもあったりしますので、是非、いろんな「キャンプ」に参加してみてください。