中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

小学校低学年の時の出来事。

毎日怒られていた・・・

同じ方向に帰るクラスメイトがいた。

同じ時間に終わり、同じ方向に向かうので、必然的に一緒に帰る事になる。

その子が、やたらと息子にちょっかいを掛けてくる。

私はPTA役員をしていたので、しょっちゅう学校に行き、息子と一緒に帰っていた。

帰りの様子を見ていたので、相手が余計な事をしてくる事を知っていた。

だが、子ども同士の事なので黙って見ていた。

ある日、その子が「間もなく折れそう・・・」という傘を持っていた。

後1歩で折れそうなのだ。

その傘を使っていつものように、息子を小突いてきた。

さすがに傘なので「危ないからやめな」と注意したが聞かず、そのままちょっかいを出し続けていた。

とうとう怒った息子が自分の傘でやり返した。

パキンッ。

息子の一撃でその子の傘が折れた・・・

これって家が悪いの?という思いだったが、一瞬目を離したのを悔んだ。

仕方なくお詫びの電話をして、何かの商品券で弁償した。

折れかかっていた傘なのに・・・

相手が嫌がらせしてきたのに・・・・なんて事。

またあのお母さんは、うちの息子が嫌がらせしたんだと思ったよ。

 

またというのは、その子は帰り道でケンカになる度に、「うちの息子にやられた」とお母さんに言い、それを真に受けたその子の母親に「連絡帳」に書かれ、息子は毎日のように学校で先生に怒られていた。

私は「近付くな」と言い続けていた。

先生にしてみれば「連絡帳」に書かれた以上、何かしらの対応をせざるを得ない。

毎日のように書かれるので、先生の目も「うちの息子は悪いやつだ」との認識を持たれてしまった。

 

何故、小学校低学年の自分の息子の言葉を鵜呑みにするかね?

絶対、自分を悪くは言わないぞ。

私はまず疑う。

息子が何か言っても「絶対お前も何かやったんだろ?」と思う。

子ども同士のちょっとした揉め事に親がからむとロクな事はない。

 

お母様方に訴えたいのは、子どもの話を鵜呑みにしないで欲しい。

低学年の子ども同士、ほとんどの場合が「お互いさま」です。

他の子の話もよく聞いてから判断してくださいね。