中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

テストが終わって息子がやっている事。

テスト結果が散々なのに、楽しそうに遊ぶ計画を立てている。

大雨の中、釣り具屋に「竿」を買いに行く息子。

どうやら友だちと「手長エビ」釣りに行く約束をしたようだ。

息子は「生き物捕獲」に関してはすこぶる上手い。

虫でも、魚でも、カエル、ザリガニ、何でも捕ってくる。

いつかこの情熱が「勉強」に向いてくれたら・・・と期待していたが、一向にその気配は感じられない。

今日1日かけて、ワナを仕掛けるためエサとなる「サバ」を買いに行き、竿の先に針を付け準備し、何時間も費やした。

この子は一体どうなるんだろう?と思う。

いつになったら気が付いて「勉強」を始めるんだろう?

もう待ちくたびれた。

 

↓ これが手長エビ。後ろの金魚は「芝」の学園祭ですくったやつ。

f:id:mikan-iro:20190615221622p:plain

 

 

FCの先生に「ほっといたらやりませんよ。やらせるしかないと思います。」と言われた。

「花まる」の講演会では、引き籠ったり、学校を辞めたり、遠回りしてきた子たちが「こんなに成功しました」みたいなお話があるが、全員がそういう訳ではないはず。

成功者が語る「あの時の時間は無駄ではなかった」というのは、成功者だから言える事なのだろう。

そのまま「無駄な時間」を過ごし、無駄な人生を送る人も多いはず。

むしろ、そのままダメになる人の数の方が多いと思う。

親として、どこまで関与して、どこまで本人に任せればいいのか?

気が付かない息子に、もう疲れ果てた・・・