中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「歯医者」で矯正中。

矯正を始めたのが小学校1年生の時だった。

思えば、小学校の6年間、息子の口の中には常に「矯正器具」が装着されていた

顎が小さいのに、歯が大きくて、永久歯が生える場所がなかったのだ。

1年生の頃、まずは上下の顎を広げる装置。

それを、大きくなるにつれて、何回か取り替え、先月まで着けていた。

顎を広げるため、毎日90度ずつ広げる役が私だった。

その日によって、痛がったり、大丈夫だったりバラバラだった。

痛い日は、「痛い、痛い」とずっと嘆いていた。

そういう時は、45度くらい戻す。

まさに一進一退の繰り返しだった。

先月、やっと器具を外し、いよいよ歯並びを整える工程に入った。

「あとどのくらい着けるんですか?」と尋ねてみたら、「う~ん、あと2年は掛かります。」との回答。

「えっ、あと2年も・・・」

息子には言えないな・・・

彼は義務教育の期間ずっと、矯正器具と共に共生していくのだ。

今回も「痛い、痛い」とかわいそうだった。

将来のためだ、がんばれ。