中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

やる気ないな~。

間もなく「期末試験」。

余りにも酷かった「テスト結果」からまだ立ち直れていないのに、もう「期末試験」がやってくる。

「英語」どうするんだろう?

それどころか、他の教科だってそれ程よかった訳ではないので、うかうかしていられない。

 

この状況の中、奴はスコップと塩と絵筆を持って「貝」を捕りに行った

慣れたもんだ。

いつものように「潮が満ちたら終わりだから、すぐ帰ってくるね~」と言ってでかけた。

そしていつものように夕方まで帰らなかった。

水着でもないのに、腰まで水に入り、ビショビショで電車に乗って帰ってきた。

学校の友だちを誘ったそうだが、学校の友だちは「生き物」捕獲なんてした事ない子たちばかりだ。

その内「あの子と遊んじゃダメ!」と言われそうな気がしている。

親は頭のいい子、勉強する子と一緒にいてもらいたいと願うものだから。

 

ただ雨の中、河口でしっかりと「貝」を捕ってきた。

 

 

f:id:mikan-iro:20190630184320j:plain

 

どうやら「あさり」じゃないらしいけどね・・・