中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

お母さんはもう嫌だ。

お母さんを辞めたい・・・・

小1からお世話になっていた「花まる」の先生に、「中学生になったら、そろそろ手を離さないと。成績が落ちようが、何しようが本人に任せなさい。」と言われていた。

 

学校の説明会でも、「中学受験は二人三脚で親子一緒にがんばってきましたが、ここからはもう手を離してください。」というお話だったはず。

 

また学校から電話が掛かってきた。

今度は何・・・・

「数学の再々テストを受けずに帰りました。私が他の子と話してるいる時、廊下を帰って行く声が聞こえたんですけど、まさか・・・と思って声を掛けなかったら、ほんとに帰ってしまいました。これが最後のチャンスだったので、もう救済措置はありません。一体どういうつもりなんでしょうね!!どうしますか、お母さん。とりあえず、彼に電話させてください。」と怒られました。

また怒られました。

これがどういう意味を持つかは本人の自覚がないにしろ、我が家の大事件です。

再テストどころか、再々テストって何だよ!

「英語がんばるね」じゃないだろ!!英語だけじゃないじゃないか!!

そもそも英語もがんばってないし!!

FCの先生が「奴は無理やりにでもやらせないとダメですよ。」と言ってたのはこういう事だろう。

 

塾の校舎長に会ったので「再々テストを受けるの忘れて帰ったみたいです・・・」と言うと「ええっ、それは酷過ぎる」と絶句していました。

 

 

そうなんです奴は「本気で忘れて帰ってるんです。

そこに危機感は一切ない。

高濱先生たちは「彼はあのままでいいんですよ。」というけれど、あのままでいい訳がない・・・校舎長も私に同意してくれました。

そして「これは後々、笑い話にするしかない・・・」と言われました。

20年は笑えないよ。