中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)

紛失した「お弁当箱」その後。

あった~。

お弁当箱というか、「お弁当バッグセット」紛失から1週間以上経過。

鉄道会社のミスで出遅れたが、別の鉄道会社にも問い合わせた。

そしたら「該当するものがあります。」との事。

やった~!!

ただ、日数が経っているので既に警察に渡してしまったらしい。

いいよ、いいよ、あったんなら。

今度は私が番号を控えて、遠い遠い警察署ではなく、喜び勇んで、そこそこ遠い警察署へ出向いた。

 

 

遅いな~、なかなか出てこないな~・・・45分待った。

そこにあったのは、バッグは同じものの色違い、そして身も違う・・・

 

 

恐る恐る「もしかしてお弁当箱ってそれですか?」と聞く私。

「そうです。」と言われ愕然とした。

家のじゃない・・・・

バッグ色違いで惜しい!!

我が家の「弁当箱」まで1歩近付いたかと思ったが、鉄道会社、警察署、もうどこにも聞くところはない。

結局出てこなかったな~・・・・

誰が持って行くんだろう?

 

 

それにしても、最初の鉄道会社でも同じ日の「お弁当箱」の忘れ物が3個あったばっかりに、迷走する羽目になった。

そして別の鉄道会社でも同じ日に同じバッグの「弁当箱」の忘れ物。

こうしてみると、みんなどれだけ「弁当箱」忘れてるんだよ。

きっと全部男子の仕業だと思う。

今日見た「弁当箱」も男子の名前が書いてあった。

せっかく作った弁当忘れんなよ~。

失くすならせめて帰り道にしてくれ!!

 

因みに警察署で言われたのは「中身は腐るので捨てます。」との事でした。

高級ハンバーグは何処へ・・・

 

 

↓ 結局これを購入。

 

 

 

 

www.suika.tokyo