中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

話し合いをした。

「再々テスト」すっぽかしは余りにも酷い・・・

全く危機感のない息子。

母の話に聞く耳をもたない。

お母さんは「もう救済措置はない」って先生に言われたよ。

大丈夫だよ、これから1番取ればいいんでしょ。」

 

 

って、1番なんか取った事ないし!!

いつも口だけは立派な事を言うけど、行動が伴わない。

「先生に対して失礼だから謝ってこい」と言ったが

伝わったかな・・・

 

なるべく怒りに震える感情を抑え、静かに注意した。

高濱先生がいつもおっしゃってる技法だ。

能面のように無表情で声のトーンを落とし冷静に

 

なかなか問題児を育てるのは難しい。

加えて「反抗期」だ。

これからも大変だろうな~。

 

と息子の靴下を見たら見事に裏返しだった

朝から再三にわたり担任の先生に言われていた「再々テスト」を忘れて帰っちゃうくらいなんだから、靴下の事なんて全く気にならないんだろうな~。(笑)

後は「大物」になると期待するのみだ。