中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

「スパイ」に追われる・・・爆弾から身を守る!

電車の中の「怪しい人物」。

ある日の学校帰り、電車の同じ車両の中に大きな黒いバッグを足元に置く「怪しい人物」・・・

「あっ、あれ爆弾かもしれない!!」

そう思ってみると全てが怪しい。

爆弾魔だ!

 

 

危ないと思った息子は、一緒に帰っていた友だちを連れ、先頭車両から、最後尾まで移動した。

万が一、先頭車両で爆発しても、最後尾なら助かる確率がいちばん高いからだ。

それに従う友だち達も素直でいい。(笑)

 

幸い、電車は爆発せず、事なきを得た。

息子は「これで電車が爆発してたら、みんな俺に感謝したはずだよ。」と言っていた。

 

常に警戒中の息子だが、今の世の中、これくらいで丁度いいのかもしれない。