中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「愛が足りない」?

成功者はみんな愛されて育っている。

御茶ノ水カレッジの講演会「高濱ナイト」に参加すると、成功者はみんな親の愛情をたっぷりもらいながら育っていた。(ホリエモンは別らしい)

 

井本先生がいつもおっしゃっている「そのままでいい、そのままがいい。」という言葉。

うちの息子くらいになると、なかなか親として受け入れるのは難しい。

 

 

なぜ、再々テストを忘れて帰るのか?

なぜ、提出物が出せないのか?

なぜ、手紙を持ち帰らないのか?

なぜ、いろんな物を失くすのか?

 

 

もちろん、そういう「特徴」のある子なのだろうが、

彼はいつも「次の楽しい事」を考えている。

自分のやりたい事、楽しい事で頭の中が溢れていて、それ以外忘れてしまう。

だから、隙あらば「生き物捕獲」に出かけていくし、目の前の生き物を「捕まえたい!」と思ったら、服のままでも水の中に入ってしまう。

 

 

幼児期の特徴の「振り返り」ができないというのも、中1になってもそのまま残っている。

彼の頭の中には、もう次の「楽しい事」しかない。

高濱先生の、10才まではおたまじゃくしの「赤い箱」、11歳過ぎたらカエルの「青い箱」に入るので、同じ子育てじゃダメですよというお話。

息子は「一生青い箱には入らない」と言われ続けている。

「せいぜい、青紫ですよ」とはスクールFCの先生の言葉。

 

 

いろんなできない事が直らないのにも理由があり、彼は「困らない」。

何か失敗しても、困らないし、恥ずかしくない。

全て「まあいいや」「誰かに助けてもらおう」と生きてきた。

それでいいと思っている。

そして「次の楽しい事」を考える。

 

 

 

さて、成功者の方々は「どんなあなたでも愛してる」と言われ続けて成長されている。

親の絶対的な愛があるから、安心感の中、好きな事に没頭でき、早くに「好きな道」を見つけて勉強してきたのだろうか?

我が子も、「信じて」あげれば同じように育つのだろうか?

私の「愛」が足りない?

「生きていてくれるだけでいい。」という事をもっと思い出さなきゃダメなのだろうか?

 

マネーフォワードの辻さんが、大事な社員が辞める時どうしたらいいか?と相談したら「あなたの愛が足りない」と言われたというお話をしてくださり、高濱先生も「わかる!!社長あるあるだよね。」とおっしゃった。

言葉で伝えなきゃ「愛」は伝わらない。

私も「愛」が足りないのかもしれない・・・・