中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)

釣りに行くのに、雨なんて関係ない。

「生き物捕獲」の際、天気は関係ない。

 

うなぎを捕るぞ!

穴じゃこ捕るぞ!

マテ貝捕るぞ!

魚釣りだ!

ザリガニ釣りだ!

蛇を探しに行こう!

カブトムシはどこだ?

 

「生き物捕獲」に行く時、雨が降っていても、まるで雨なんて降ってない感じで、当然のように出かけていく。

まあ、水辺に行く時は、どうせ水の中に入るのは目に見えているので、雨なんて関係ないだろう。

 

 

家にいる「生き物」たちは、「蛇」以外は息子が捕獲してきたものだ。

残念な事に先日捕ってきた「手長エビ」は、ろ過装置が外れて全滅してしまった。

(エビって死ぬと、茹でてもないのに、どうして「赤く」なるんだろう?)

その「手長エビ」のためのエサとして捕ってきた得体のしれない小魚たちが、今は悠々と泳いでいる。

奴らは天敵もおらず、天寿を全うするのだろう。

 

 

なかなかおもしろい息子だとは思うが、いつも「今度こそ」と思って信じてみると、学校から電話がかかってきて注意される。

「やったって言ったのに・・・」と私は裏切られた気持ちになる。

何とか気持ちを立て直して、「よしっ、がんばろう!」と思うとまた電話。

10日に1回掛かってくる・・・

そこで気持ちがくじけてしまう・・・この繰り返し。

 

 

「花まる学習会」の高濱先生に「お母さんはお母さんの考え方があってしょうがないんだけど、型にあてはめようとするとダメですよ。」とおっしゃった。

そうだよな・・・あれだけ変わってたら、そのままを受け入れるしかないよな・・・と思う。

ただ、学校に行っている以上、最低限のことくらいはやって欲しいな・・・

あの電話が鳴る恐怖

息子にはわからないんだろうな・・・