中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

嘆いてる場合じゃない。すぐ立ち直って考える。

 お母さんは忙しい。

悔しくて泣いていたが、そんな場合ではない。

私たちには助けが必要だ!

嘆いてないで、助けてもらおう!!

 

思い立ったらすぐ行動だ。

お昼休みに学校に電話した。

「仕事が終わったら相談に伺ってもよろしいでしょうか?」

さすが「私立」だ。

快く受け入れてくれた。

 

今回は担任の先生ではなく、先日会ったこの学校の元先生に教えてもらった「いい先生」を訪ねた。

まず「困ったら先生を訪ねるように言われてきました。」と言い、どれだけ息子がこの学校に入って、期待していたかを伝えた。

続けて息子の特徴を伝えて「助けてください・・・」と頭を下げた。

具体的に「こうしてください」というのも伝えた。

先生は「わかりました。できるだけの事はします。」とおっしゃってくださった。

 

この面談の中で先生は「1年生だから、忘れ物、落し物は多々あるんですが、ここまでの子は見た事がないです。」ともおっしゃった。

何年も先生をしていらっしゃるのに、初めてみるくらい酷いそうだ・・・

 

私は「奴は怖さに弱いので、泣くぐらい怒ってやってください」というのと「置きっぱなしで回収された物は捨ててもらって大丈夫です。そのくらいしないと気を付けないです。」とも伝えました。

 

これからどこまで先生方が指導してくださるかはわかないが、信頼してお任せしようと思う。

ダメだったらまた考えよう。

 

最後に、帰ろうとしたら期末の「英語テスト」の結果が悪過ぎて、担任の先生に呼び出しをくらった・・・

三者面談だ。

今、どのくらいヤバイか、息子に伝わるといいな・・・