中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)

息子がでかけているので・・・

小さい頃のお話。「花まる」のお陰で助かった。

一人っ子なので、息子以外の子どもを育てた事はない。

「子育てってこんなに大変なの・・・」といつもしんどかった。

 

幼稚園の頃は、電車に夢中で、いつも線路を並べては遊んでいた。

「おでかけ」と言えば、近所の踏切に行き、電車が通る方の側に毎回移動して、ずっと眺めていた。

あとは「鉄っちゃん」お馴染みの「日暮里駅」に行き、橋の上から延々と電車を眺める。

鉄っちゃん」の行く場所なんて、決まっているので「日暮里」ではよく同じ幼稚園の「電車好きお友だち」と会ったものだ。

 

排水溝と、コンセントが大好きで、いつも探していた。

排水溝には「笑っている排水溝」と、「笑っていない排水溝」があった。

排水溝に吸い込まれていく水を見ては「このお水は最後にはどこに行くんだろう?」なんて事を考えている子どもだった。

 

 

今思えば、彼の「何でだろう?」を私が潰してきた気がする・・・

 

 

↓ これが「笑っている排水溝」

f:id:mikan-iro:20190728133629p:plain

 

 

近所の幼稚園に通っていたが、素晴らしい幼稚園で「どんな子でも受け入れてくれる場所」だった。

お陰で息子も楽しく通っていたと思う。

反面「リトミック」では、女子のママから疎まれていた・・・

 

そんな中テレビで見かけた「花まる学習会」。

「絶対ここに入れる!!」と思ってすぐ電話して、入会。

思った通り、息子は「花まる」が大好きになり、先生方は「おもしろい子」だと受け入れてくれた。

小学校の担任の先生は「定年間近の女の先生」だったので、個性的な息子にはなかなか厳しい環境だった。

でも、息子には「花まる学習会」という「そのままを受け入れてくれる場所」があった。

そこで私たちは親子ともが救われたと思っている。

ありがとう「花まる」。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com