中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

小さい頃からやっていた事で国語が得意に。「花まる」から新しく出た「おでかけカードあそび」を買ってみたが小さい子用だった・・・また失敗した・・・

男子だけど「国語」が得意になった理由?

スクールFCの先生が言うには「お母さんとケンカして、何とかいい負かしてやろうと頭の中でグルグル考えてるから、国語が得意なんですよ。」との事。

常に言い争いが絶えない我が家。

息子は「憎たらしい」の一言に尽きる。

お互いに相手を「論破してやろう」と常に思っている。

 

が、小さい頃は、習い事に行く際、一緒に歩きながら「しりとり」をしていた。

そのままだと、永遠に続くので、「食べ物」や、「赤い色のもの」等しばりを付けてやっていた。

息子は負けず嫌いなので、必死で喰い下がってくる。

私も言葉で小学生に負ける訳にはいかない

いつも「真剣勝負」だった。

 

 

3年生でスクールFCに通い始めてからは、「四字熟語」対決、「ことわざ」対決をしていた。

「数字の入った物」「色が入っている物」「動物が出てくる物」などと決まりをつくり、その中で「ことわざ」、「四字熟語」をどちらがたくさん言えるか!の対決だった。

最初は余裕で勝っていたのだが、受験勉強が始まると、なかなか勝てなくなってきた。

何にしても「現役」は強いのだ。

 

今、思えばこの「対決!」がかなり役に立っていると思う。

一緒にお出かけの時、是非お試しを。

 

 

 ↓ おでかけと言えば最近「花まる」から発売された「カードあそび」がある。

夏休みのおでかけに是非。

 

f:id:mikan-iro:20190728221041j:plain

 

この「カード」を監修をされた先生の言葉(高濱先生じゃないです)

「電車の移動の時間がなにか特別な、素敵な時間にならないかなと思い、親子で集中して、楽しめるなにかを提供したいと考えました。」

あと大事な事が3つ書いてありましたが、いちばん気を付けようと思ったのがこちら

 


『できたこと』を褒めない

できたことに対して、「正解したね!」「すごいね!」という褒め方をしていると子どもたちは「楽しいからやる」から、「褒められるからやる」に変わります。

つまり、褒められないとやらなくなる可能性があります。

また結果を見て褒められるので、間違えてはいけない、間違えたら褒めてもらえない、と思うようになります。

大事なことは自分の頭で考えること、そして考えることを楽しいと思えること。だから
こそ、伝える言葉は「よく考えたね!」「楽しそうにやっているね!」がおすすめです。

大事なのは自らやりたい!と思える心を育てることだからです。

 

るるぶ×花まる学習会 発想力を伸ばす!  おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)

るるぶ×花まる学習会 発想力を伸ばす! おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)

 
るるぶ×花まる学習会 思考力を伸ばす!  おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)

るるぶ×花まる学習会 思考力を伸ばす! おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)

 

 

 この「カードあそび」に対してではなく、全てに当てはまる言葉でした。

↑ もう手遅れかもしれないが、心しておこう・・・と思います。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com