中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

息子がまだ出かけているので。

小学校に入って興味を持ったもの。

幼稚園の頃は、洋服に水滴が1滴でもかかると「お着替えする~」と泣いていた息子。

ところがなかなかな幼稚園で、そんな事を言っていては生き残れない。

泥の中に投げられたり、口の中の水をブゥーっと吹きかけられたり、荒療治だが、小さい事を気にしない子に育ててもらった。

今では服のまま、「生き物捕獲のため」池の中に入って行く・・・。

 

 

↓ 歴代の息子の草履たち。ボロボロになるまで履き、これを履いて、もの凄い速さで走れる。

f:id:mikan-iro:20190728205744j:plain

 

ある日、道端でセミの抜け殻を見つけた息子。

それが面白くて、集め始めた。

恐らく50~60個は集めた。

瓶に入れていたがちょっと臭った・・・

そこで中身の入ったセミの抜け殻を発見して、虫に興味がわき、夢中になった。

 

昆虫 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

昆虫 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

 

 

 

「昆虫図鑑」を数冊丸暗記していた。

夏休みは毎日「セミ捕り」に行き、30~40匹捕まえては、数えながら逃がしていた。

他にも「ザリガニ」「オタマジャクシ」「エビ」「小魚」を捕まえるようになった。

カエルやヤブキリ、タガメを飼育する際は、エサの生き物を捕りに行かねばならず、大変だった・・・

これらの経験が今の、生き物好きに繋がっていると思う。

お陰で「中学受験」でも「生物」は得意だった。

 

「生き物好き」は受験に役に立ったな。

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com