中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

さすがに「こいつスゴイな」と思った話。何故、息子が家にいないのか?どこへ行った?

「短期留学」に送り出す!

中学に入って始めての「英語テスト」で、とんでもない成績を叩きだした息子。

許せない!

どうにかしなければ!!

 

そこでFCの先生たちに相談した。

帰ってきた答えは「海外に出せ!」だった。

 

 

スクールFCの大塚先生が「彼はほっといたら6年間このままですよ。何か刺激を与えないと。それには海外に出す事です」とおっしゃった。

そしてもう1人、信頼している先生にも訴えたら同じく「海外に出せ」という言葉が返ってきた。

これは行かせるしかないだろ!と思った。

 

すぐ行動するのが私のいい所だ。

大塚先生にも褒められた。

早速、パスポートの手配をし、本人と一緒にパスポートを取りに行き、

旅行会社で「短期留学」の申し込みをした。

 

英語のために、なけなしの貯金をはたいた。(涙)

「海外留学」のための説明会にも参加した。

最後に「何か質問はありますか?」と聞かれたので、

「ハイッ!!」と大きく手を挙げ「余りにも英語ができなさ過ぎて、海外に出そうと思ってるんですが、大丈夫でしょうか?」と聞いてみた。

旅行会社の方は笑いながら「そういう子の方が伸びます。下手に知識があると、ここは過去形でとか疑問文だからとか考えて話せないけど、出来ない子は「単語」とリアクションで会話します。」との事。

「その笑顔で大丈夫です。」とも言われた。

それならできそう~。

 

そして、全く英語がしゃべれない息子の口から出た言葉が「楽しみ~」だった。

 

こいつスゴイな!!と思った。

全く言葉が通じない所に行き、初めての海外で、ホームステイ先の外国人の他人の家に寝泊まりするのに「楽しみ~」と言ってる。

英語ができないから、海外に飛ばされるのに、全く不安じゃないらしい

何とかなると思っているし、更に楽しもうとしている。(笑)

 

こんな奴っているんだ・・・

 

我が子ながら感心した。

私なら絶対嫌だし、泣いてしまう・・・

 

この言葉を聞いて、いつも周りの大人たちが「将来大物になる」と言うのが分かった気がした。

 

現在、オーストラリアを満喫中の息子。

果たして帰ってきた時、英語の進歩はあるのだろうか?

 

ホテル 交通 観光 トラブル 検索!  海外旅行の英会話

ホテル 交通 観光 トラブル 検索! 海外旅行の英会話

 

 

 ↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com