中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)

息子がまだまだ出かけているので。

生き物の次は「戦国武将」。

小学校4年生になると、だんだん「生き物」に飽きてきて、急に「戦国武将」に興味を持ちだした。

その頃になってやっと家に置いてあった「まんが日本の歴史」が役に立った!!

置いといてよかった。

だが、未だに「戦国時代」以外はピカピカで残っている。

 

 

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

 

 

徳川家康」が大好きで、ずっと本を読んでいた。

歴史に全く興味のない私に、いろいろ話してくれた。

「どこにそんな事書いてあったよ?」というような、家族構成まで教えてくれた。

恐らく「受験」には役立たない。

 

 ↓ どうしてもこれを「買ってくれ!」とせがまれて買った息子の愛読書。

何も買い与えないが、本だけは買ってあげる事にしている。

まんが 徳川十五代将軍ものがたり

まんが 徳川十五代将軍ものがたり

 

 

みんなが好きな「戦国時代」のようなところは「中学受験」には出ないと、スクールFCの社会科、狩野先生が講演会でおっしゃっていた。

 

息子は、ここから「サムライ好き」となり、「花まる」の野外体験のサマースクールでは「サムライ」一本となった。

それまでは「魚ハンター」だの「海釣り」に参加していたのだが「何で俺は今まで釣りなんかに参加してたんだろう・・・もっと早くからサムライに行っとけばよかった~・・・」と本気で後悔していた。(笑)

「サムライ好き」のお陰で私は「親子サムライ」にも参加させられて、体がキツイ。

ちなみに「サムライ企画」を考え出したのも、社会の狩野先生だ。

高濱先生の講演会でもよく名前が出てくる。

本当におもしろい先生だ。

 

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com