中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「花まる」の野外体験。最近は「サムライ」一本。

年長から1人で参加。

「花まる学習会」には、会員だけが行ける「野外体験」があるのだが、息子は小さい頃から参加し続けている。

我が子ながら、ちょっと難しい子だと分かっていたので、小さい頃から、YMCAや、そらまめキッズ、NPO法人主催のキャンプ、体操教室のキャンプ、いろいろ行かせていた。

本人に聞くと必ず全部「行きたい!!」というので楽々で行かせることができた。

子どもによっては「行きたくない!!」というところを、無理やり行かせる家もあるが、うちは何でも「行きたい!」なので助かった。

いろんな所で、知らない子たちと出会って、「揉まれて来い!」と思っていた。

本音を言えば、育児に疲れ果てていたので、息子がいない間休みたかったというのもある。

 

その内、「花まる」以上に安全で、本人の成長に繋がる体験はないと思い、2年生くらいからは「花まる」と、息子をよく理解してくれている幼稚園の「体操教室」のものだけになった。

 

野外体験で何がいいかと言うと、嫌な子もくるし、いろいろ我慢を強いられる事もある。

その中でどう折り合いを付けて、うまくやっていけるかの勉強だ。

息子はいつも「今度はどんな子がいるんだろう?」とワクワクしながら参加していた。

常にポジティブ思考なので助かる。

 

縦割りのグループの中で、お世話されたり、お世話したりして育つ。

今ではいつも最年長なので、一人っ子にも関わらず、小さい子のお世話もお手の物だ。

ところがお世話しても、お世話しても、常に狙っている「MVP」は獲れた事がない。

変わりにお楽しみ会での「主演男優賞」や、サムライで活躍した「サムライ賞」なんかを獲ってくる。

まあお菓子が目当てなので、おなじ量のお菓子さえもらえれば文句はない。

 

4年生からは、自分で荷造りさせてみた。

3泊4日分の荷物を、あの忘れ物、失くし物の王者が1人で準備するのだ。

1回目は、「どうしてもなくてはならない物」のチェックだけはやったが、それ以降は全部1人でやっている。

 

 

↓ 「サムライ」から帰ってきたのに、そのまま電車旅に連れて行かれた・・・

f:id:mikan-iro:20190808213047j:plain

 

 

 

小学校の「林間学校」や、「修学旅行」も自分で荷造りした。

他の子たちは見事に母たちが用意していた。

まあ、ズボンが短かったり、靴下を忘れたりして、メッチャ怒られていたが・・・

代替品で何とかなった。

困った時に何とかする力も天下一品だ

 

お金が掛かる所が難点だが、子どもの成長には「野外体験」はかなりオススメだ。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com