中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

「囲碁・将棋」はやはりいい。

高濱先生のオススメは「囲碁」。

息子は「将棋」ができる。

3年生くらいから「将棋」を始めたが、どんどん上達した。

小学校では週末に、クラブ活動のようなものがあり、近所の方が「将棋」を教えてくれていた。

最初は弱かったのだが、メキメキ上達して、学校の中では負けなくなった。

5年生のときには、区の大会に出て、確か3位になったと思う。

と言っても、クラブ活動の中の子どもたちが集まる大会なので、大したことはない。

実は、同じ小学校に、テレビに出るくらいの「将棋名人」がいた。

そういう子たちは出ない大会だ。

それでも、うれしかったらしく、賞状をもらい、上機嫌で帰宅した。

 

 

 ↓ 「花まる」のイベントで見かけたが、低学年男子が盛り上がっていた。

駒の動きが表示されていて、わかりやすいようだ。

花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)

花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)

 

 

 

数年前、「将棋はAIに勝てないが、囲碁はまだ人間の方が強い。」と花まるの高濱先生がおっしゃっていたが、あっという間に「囲碁」もAIの方が強くなってしまった。

高濱先生が社会で活躍する成功者として「高濱ナイト」で紹介してくださる方々は、「囲碁仲間」らしい。

社長さんたちは「囲碁」をするのだ。

囲碁も将棋も「頭」にいいのは間違いない。

思考力が鍛えられる。

「花まる」でもとうとう「囲碁教室」が始まった。

 

↓ 興味のある方は是非。

hanamarugonou.wordpress.com

 

 

息子が大きくなってから、「音の森」が出来たり、最近は「サッカー教室」までできたりして、うらやましいし、悔しい・・・

息子にだってやらせたかった。

 

そもそも「Think!Think!」だって入りたかった!!

息子が小3の時にできたが、説明会でさえ人が溢れ、その後申し込み殺到。

うちは競争率25倍の中、抽選に漏れ、入れなかった・・・

今はたくさん「教室」ができてうらやましい。

もう中学生なのでいろいろ入れないじゃないか!!

どんどんいろんな選択肢が増えてうらやましい・・・

 

 

 

 

まだ幼稚園児、小学生のみなさんはいろいろな「体験授業」に行ってみてください。

「花まる」は、どこに行っても褒めてもらえて気持ちがいいです。(笑)