中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

旅行から帰ってきたぞ。

旅行から帰ってきた息子が最初に放った言葉。

釣り三昧に、シュノーケリングと遊び尽くして帰宅した息子。

 

帰宅早々1番に口にしたセリフがこれ。

「あのさ~、この前ベラ釣ったんだけど、針飲み混んじゃって、それを取り出そうと魚の口の中に指入れてたら、思いっきり噛まれて、鉛筆持てなくなったんだよ。」

 

出発前、6月に購入した「英単語」の練習テキストを持たせた。

一緒に本屋に行き、「これならできる」と本人が言うので購入して、期末テストまでに終わらせる約束だったものだ。

それが未だに終わっていないので、「1週間で終わらせて来い!」と言ってあった。

それに対しての帰宅後の第一声が

「ベラに噛まれて鉛筆持てなかった。」というもの。

 

もう、笑ってしまった

どこまでも、逃げ切る気だ。

「言い訳名人」の本領発揮だ。

私の心のどこかに「言い訳もおもしろければO.K.」という思いがある。

いつも「笑いが大事」だと思っている。

塾の先生に言われた「どうしたら楽できるかばかりに頭が回っていて、もったいない。」とは正にこの事だろう。

勉強は諦めた・・・

どうやったら稼げるか、自分で考えて生きていってくれと思う。

 

勉強に関しては、私の期待が大きすぎた・・・

「息子は頭がいい」と信じていたので、やればできる!」と思っていたが、息子程度の頭のいい子なんて山ほどいるし、まずコツコツ勉強ができない。

それだけで相当のハンデを背負っている。

本人が気が付かない限り無理だ。

このまま勉強しない人生もあり得るな・・・と思ってきた。

 

それでも息子には「生きる力」はあると信じている。

自分の人生だ。

彼がここからどういう風に生きて行くのか楽しみになってきた。

本気で困って考えてみろ。