中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

小さい頃、毎日読み聞かせをしていた。

普通のお話にはあまり興味がなかった。

 

 幼稚園の頃から毎晩寝る前には「読み聞かせ」をしていた。

初めての子育てなので「どうやって読み聞かせをすればいいのか」わからない。

私のやり方は、「感情を込めて、ドラマのように演じる」というものだった。

 

毎晩繰り広げられる「ドラマ」のような読み聞かせ。

一応、おっさんの時はおっさんの声、女の子の時は女の子の声など意識して、声も変えて読んでいた。

 

そのままの流れで息子が小学校に入った時、1年生から6年生までの6年間、学校の「読み聞かせボランティア」をやった。

他のどの保護者よりも数多く参加した。

 

朝の10分間時間をもらうのだが、私はここでも「ドラマ仕立て」の読み聞かせをしていた。

1日の始まりに暗い話や、教訓めいた話は嫌なので、とにかく「笑える話」「おもしろい話」を読むことにしていた。

教訓めいた本や、感動する本はきっと他のお母さんが読んでくれるだろうと思った。

何より嬉しいのは「いちばんおもしろい!!」と言って、私が行くと「ヤッター!」とみんなが喜んでくれた事だ。

ただちょっとそれがプレッシャーとなっていた感は否めない。

いつもいつも本屋とネットで、「おもしろい本」を探していた。

 

高学年になると「落語」のお話もみんな喜んでくれた。

本編を読んだ後の「おまけ」として読むのだが、これを一番楽しみにしている子がたくさんいた。

 

 

 ↓ 毎回最後にこの本を読んでいたが、残念ながら絶版で中古でしか買えません。

5分で落語のよみきかせ

5分で落語のよみきかせ

 
5分で落語のよみきかせ ふしぎなお話の巻

5分で落語のよみきかせ ふしぎなお話の巻

 

 

ところがある日、「花まる学習会」の高濱先生の講演会で、「読み聞かせは、なるべく抑揚を付けずに淡々とよみましょう。」とおっしゃった。

 

私は「エエッ!」と衝撃を受けた。

正に青天の霹靂。

ずっと私がやってきた事は・・・・?

 

更に「よくお父さんとかでいるでしょ、ガォーとか声まで変えて本気で読む人。読み聞かせはショーになっちゃいけない。」ともおっしゃた。

淡々と読むことで、子どもの想像力が膨らむらしい。

私の読み方では「想像」する前に、こちら側の「創造した物」を聞かされる形だ。

このショーのような読み方も家で楽しむ分にはいいらしいが、受験となると全くダメ。

精読には向かない・・・

私はずっと失敗していたんだ・・・と思ったが、みんなが喜んでくれるし・・・とそのままのやり方を6年生まで通した。

弊害?としては、息子が国語の時間に教科書を読むとき「感情を込めて読み過ぎた」と言う事。

それでも男の先生は褒めてくれた。

 

いちばんよかったのは、息子が「本好き」になった事。

ただ、親からすれば「くだらない本」ばかりだが・・・

それに最近はスマホ」にかなりの時間を奪われている気がする

この「スマホ」問題はかなり厄介だと思っている。

付き合い方が難しい・・・

 

 

↓ 我が子のように、普通の「物語」に興味がない子には科学のお話で。

考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365 オールカラー

考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365 オールカラー