中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

困ったこと。 

実は英語ができなくて困ったことが1つあった。

オーストラリアから帰国後、よくよく話を聞いてみると、1つだけ「困ったこと」があったと言っていた。

毎日、ジェスチャーと単語、「サンキュー」、「ノーサンキュー」で乗り切っていたのだが、ある日ホストファミリーが何を言っているのかわからず、そのままニコニコしていたら、得体のしれないジュースが出てきたそうだ。

他の子たちはみんなおいしそうに「オレンジジュース」を飲んでいる中、1人だけ、カラフルな得体のしれないジュースを飲む羽目に・・・

仕方がないのでニコニコしながら「おいしそうに飲みほした」と言っていた。

 

本人曰く、まず質問された事すらもわからなかったし(普通の会話なのか質問なのかすらわからない)、何で自分だけ変なジュースなのかもわからなかったと言っていた。

でも、この程度の困りごとだけじゃ、

「どうしても英語を話したい!!」とはならないな・・・

 

ホストファミリーは、どうやらお金持ちだったらしく、家にプールがあったそうだ。

毎日、毎日、遊んで、綺麗な景色を見て、コテコテの料理はちょっと辛かったけど、楽しい時間を過ごした。

 

f:id:mikan-iro:20190821210813j:plain



こんな綺麗な景色を見られてうらやましい。

この夏、息子の数々の体験の為にお金を使い、自分の事にまで回らない。

いつか、何倍にもなって返ってきますように。★

 

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com