中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

生き物たち。

うちの生き物たちの話。

 

相変わらず、見張っていないと勉強をサボっている。

私の足音が聞こえると、バタバタ慌てている音が聞こえる。

そして必ず「ああ、お母さん。何?」とわざとらしく言う。

まだまだ、上手なウソはつけなさそうだ。

なのに、私は度々騙されている・・・

 

一応、以前と違って机には向かっているので「よし」とする。

 

 

今のこの時期は「生き物」が活発なので、毎年家にはいろんなものがいた。

「やぶきり」なんて、動きは速いし、ワンジャンプで2メートルくらい飛ぶので、逃がすと大変だった・・・噛むし。

そして、奴は「生き餌」だ。

毎日、息子と2人でバッタを捕りに行っていた。

ある日、草原の葉っぱが全部刈り取られていて、絶望した記憶がある・・・

残った短い葉っぱをかき分け、小さいバッタやら、トンボやらの昆虫を探したものだ。

 

そして、大変だったのは「ヒキガエル」たち。

www.suika.tokyo

 

 

「おたまじゃくし」から育てて、我が家の生き物を全滅させた「毒」の生き物。

奴らもカエルなので「生き餌」だ。

私は週3回、スコップとビニール袋を持参して、「ダンゴムシ」を捕りに公園に通った。

 

どこから見ても「怪しい人」だ。

 

慣れたもんで、どの辺りに「ダンゴムシ」がごっそりいるのが一目でわかる。

私を怪しんだ公園の園長さんに「何してるんですか?」と聞かれて、「すいませんカエルの餌のダンゴムシを捕っています。」と言うと、「なるほど、後で元通りにしておいてくださいね。」と言われた。

別のある日は、マラソンをしているおじいさんに「何してるの?」と聞かれ、同じように「カエルの餌のダンゴムシを捕ってます。」と言うと「えっ、カエルの餌?ダンゴムシ?見せて、見せて!」と言われたので見せたら、「おーい、みんな~、この人ダンゴムシ捕ってるんだってよ~。」と仲間を集められて「見世物」状態となった・・・

そっとしておいてくれよ・・・と思った。

大人なんだから、見て見ぬふりしてよ・・・

 

f:id:mikan-iro:20190828200300j:plain

 

ヒキガエル」にはヒーターを入れていたので、冬眠しないカエルたち。

私は真冬も週3回、公園に通っていた。

近所なので、同級生のママにも会う。

「何やってんの!!」と笑われた。

それでも、ダンゴムシ集めの日々。

大変だったな~・・・・その頃息子は習い事や友だちと遊ぶのに忙しく、私が一人でムシを集めた。

 

ダンゴムシ」集めのコツとしては、大きな木の根元の湿ったところに固まっている。

後は雨の次の日は、ダンゴムシが木に登っているので、大量ゲットのチャンスだ。

そういう時は、ハケとビニール袋を用意する。

木の上の大量の「ダンゴムシ」をビニール袋を広げながらハケで落として、

「一網打尽」にできる

これができたら、3日はエサ捕りに行かなくて済むのだ。

 

このように、生き物好き男子の母は大変なのだった。