中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

学校が始まっているが。新しい問題が・・・

新しく「問題」が起こった。

久しぶりに学校に行く時、「お母さん、靴が小さくなってる。かかとを踏まないと履けない。」と言ってきた。

 

1ヶ月もない「夏休み」の間に、靴が入らなくなるのか・・・

 

そう、「靴問題」が起こったのだ。

 

「靴っていくらだっけ?

そういえば靴下も、失くして足りないよね?3足くらい買ってきな。」とすぐお金を渡したのが月曜日

やっと「靴」と「靴下」を買ったのが水曜日

かかとを踏まないと履けない靴なのに、3日も買うのを忘れていた。

「だって、上履きはキツくないんだもん。」

はいはい。

 

そして今日から、新しい靴を履いて出発。

「やばい、ちょっと大きいかも?」と言って朝出て行った。

恐る恐る歩く感じだ。

 

帰ってきた息子が

「お母さん、靴下見て~、汚れてる?

靴大きすぎて無理だったよ。

歩けなくて、駅から学校まで、靴下で歩いたよ。」と言った。

新しい靴買ったのに、裸足で歩いたのかい。

そして彼は「人の目」は気にならないタイプだ。

「歩きにくい」と「人の目」を天秤にかけて、「歩きにくい」が勝ったのだろう。

私も「靴高いから、ちょっとだけ大きめ買いなよ。」と言ったしな・・・

しょうがない。

 

息子がすぐ裸足になるには理由がある

息子が通っていた幼稚園は、みんないつも裸足で走っていた。

この幼稚園出身の子たちはすぐ「靴を脱いで裸足になる。」

習慣なのでしょうがない。

まだ、そのクセが抜けてないな・・・と思ってちょっと嬉しかった。

 

 

 ↓ 靴にこれを詰めて行った。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com