中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

今更ながら「卒業アルバム」を見る息子。

かなり前に受け取ったのに、全く見ていなかった。

 

まずは、写真の中から自分の姿を探していた。

だいたい、ど真ん中か、一番端っこにいた。

保護者会で「アルバム撮影日」を聞いていたのに、息子そっくりな私が覚えている訳もなく、奴はいつもの「トラ模様」のジップパーカーで出かけて行った。

学校で先生に「脱げ」と言われて脱いだら、中から「バカボンのパパ」が登場した。

先生ががっかりした声で「仕方ないね・・・」と言ったそうだ。

「トラ」も「バカボンパパ」もダメみたいだったが、結局「パパ」で「卒業アルバム」に写っていた。

本人がいいんだから「いいんじゃないの?」と思う。

 

 

↓ これの「トラ柄」

 

 

 

 

 

私がやらかした「卒業式」の写真もバッチリ写っていた。

 

 

↓ こちらがそれ。

www.suika.tokyo

 

 

 ↓ 「卒業式」に上下こんな感じ・・・

 

 

「卒業アルバム」の中身

 

作文のページには「ぼくのいいところ」という作文が掲載されていた。

人の心がわかるし、人が笑ってくれると嬉しいし、声が大きい事も「いいところ」だと書かれていた。

締めくくりは「楽しい人生を送っていきたい。」という言葉だった。

相変わらずボジティブがスゴイ。(笑)

他の子たちが、反省や成長、思い出を書く中、自分の「いいところ」を書く辺りがさすがだ。

 

「プロフィール欄」には趣味が「釣り」、自分を○○に例えると?にはミヤマクワガタと書いてあった。

何故に?

気になったのが「会いたい人」吉田拓郎って何で?

 

生まれ変わるなら?

「人に大切にされる道具」だそうだ。

これも意味がわからない・・・

 

女子の中には深田恭子と書いている子がいた。

深田恭子」なら私もなりたい!

深田恭子」になりたいと書いた女の子は面白い子で、息子と気が合った。

この面白いグループの女子たちとは仲良しだった。

深田恭子になりたい子」は「日焼けしたくない」と言って、公園で遊ぶ時に「サングラス」を掛けてきたり、その後には「晴れている日」には「日焼けするから遊べない」と誘いを断り、日が暮れてから参加するような子だった。

そういえば同じおもしろグループの別の女子に「意識高い系ですね。」と言われたのを思い出した。

理由は私がアームカバーをして、日傘をさしていたから。

 

女の子って、小学生でもダイエットしていたり、いろいろ気を使うんですよね~。

自分が小学生の頃の事を考えると「そっちのが意識高い系でしょ。」と思う。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com