中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

息子とおでかけ。

いや、わかっちゃいるよ・・・

悪気がないのは重々承知している。

だが、出かけている間中、ずっと何かしらの音を立てているし、何かが揺れている。

隣にいると、ずっとその音を聞かされ、振動を感じ続ける事になる。

 

例えば「音」。

電車の走行音の真似、発車ベルの音、グーグー言う変な音、チャカチャカチャーンと変な歌・・・

これが永遠続く。

 

プラス「ずっと揺れている」。

足も揺れてるし、歩いていても左右に移動しているし、駅のホームで電車を待っていたら、タタン、タタンと言いながら私の周りをグルグル回り出した。

半分私に対する嫌がらせなんだが、さすがにイラッとし「やめろよ!」となる。

何かわざと怒らせようとする節がある。

 

待ち時間には、フンフン言いながら机をカチカチ叩き続け、スマホのチェーンを回し続け、常に「何かしらの音」を立てている。

私は目で「やめろよ」訴えながら、ぐっと手を掴んで抑える。

 一緒にいると、ずっとこれが私にも降りかかってくる。

 

今、私は弱っている・・・そんな時に、「息子とおでかけ」はキツイ。

でも息子は無意識だからしょうがない。

なるべく離れて歩きたいのに、ふらついているのでぶつかってくるし寄ってくる。

「ぶつかってくんなよ!」となる。

 

息子は小さい頃から「不注意」だったので、全身アザだらけで、どう見ても「虐待でしょ」という感じに見えたが、自分で怪我をしていただけだ。

そして、その息子の巻き添えを食らって、私も怪我だらけだった・・・

何かを見つけると急に走り出すので、咄嗟にそれを追いかけようとして、足の筋が切れた・・・

興味のあるものがある方向を見ながら走るので、ポストやら電柱やらに全力でぶつかる。

とにかくよく転ぶ。

ご飯、味噌汁、おかず、水筒のお茶、いろんな物をぶちまける。

謝りながら、何度電車の床を拭いた事か・・・

その巻き添えで、私の足の上に石板を落とされたり、よそ見しながら全力でぶつかってくるので、道に倒されて頭をぶつけたり、頭突きされたり、投げた物が跳ね返って私の目を傷付けた事もある。

もちろん彼に悪気はないが、全部痛い・・・

なかなかな破壊力だった。

体を動かすのに何か代替品があるといいが・・・

「手首に輪ゴムをつけてパチパチしなよ」と言ってみたが、興味なさそうだったな。

 

 

今は小さい頃よりはましになっているが、これから先、もっと落ち着きますように。

「ゆとり」のない母親で申し訳ない気持ちはある・・・

でもずっとは辛い。

特に弱っているときには、.静けさが欲しい。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com