中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

いじめの発見?

プリントが配られた。

「いじめ」についてのプリントが配られた。

私は学校見学の際、必ず「いじめの対応はどうされていますか?」という質問をしてきた。

息子が今通っている学校は「いじめはどこにでもあります。少しでもおかしいと思ったら、生徒に確認して、学年全体で解決します。」という回答だった。

「大きないじめはない。」と言い切る学校もあったので、そんな所は信用できないな・・・と思っていた。

 

 

さて、「いじめ」についてのプリントを持ち帰ってきた息子が一言。

 

「お母さんヤバイ。俺、結構当てはまってる。」

 

「えっ、あんたいじめられてるの?」

「違うんだよ、でも当てはまってるの。」という息子。

 

プリントを見てみた。

「いじめ発見チェック」という項目があり、どうやらそこに出てくるものが、自分に当てはまると言っているようだ。

当てはまってるというものを具体的に言うと、

  • 布団からなかなか出てこなかったり、具合が悪そう。→朝、起きられないし、胃もたれしているが、ただただ眠いだけ。

 

  • 理由のはっきりしない服の汚れ、破れやボタンのほつれがある。→全くそのまま当てはまっていて、覚えがないのに、服が破れていたりするが、不注意でどこかにひっかけているだけ。

 

  • あざやすり傷があってもその理由を言わない。→無意識で怪我をしているので、全く覚えていないだけ。

 

  • いつもより帰宅が遅い。→寄り道して友だちをおしゃべりしてるか、電車を見てるか、乗りたい電車に乗っているだけ。

 

  • 自転車や持ち物が壊される→不注意で自分で壊しただけ。

 

  • プリントが破れている、道具や持ち物に落書きがある。→もちろん全部自分でやっただけ。プリントなんて、綺麗に持ち帰った事なんてないし、落書きしていないものなんてない。

 

  • 部屋にある持ち物や学用品がなくなっていく。→自分で失くしただけ。

 

  • 買い与えた覚えのない品物を持っている。→間違えて人のを持ち帰っただけ。

 

こんな調子です。

改めて、「どんなけ不注意なんだ?」と思います。

今日、「花まる学習会」の高濱先生のゼミに参加しましたが、「どんな子もだいたい中3くらいになったら落ち着く。」とのお話だったので、もう少し様子を見ようと思いました。