中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)普通の中学生活ではないので、参考にならないかもしれません・・・

幼稚園や保育園。今は「探求型」の塾が増えていてうらやましい。

「幼稚園」では電車好きの集まりの輪に入っていた。

幼稚園の先生の計らいで、「ほっといたら1人で遊ぶ子たち」の電車好きを集めて、一緒に遊ぶようになった。

彼らは今も電車好きだ。

うちも電車好きのままだが、生き物→戦国武将→電車→生き物となっていて、今は生き物の比重が大きい。

 

自由な幼稚園で、グレーゾーンの子たちもたくさんいた。

社会に出ればいろんな人がいて当たり前なので、どんな子も受け入れる幼稚園だった。

ここで3年間過ごす事ができたお陰で、今、まあ問題なくとは言わないが、何とか普通の学校に行けていると思っている。

 

この幼稚園は、全部自分で考えなければならない場所だった。

好きな物を選んで、好きな事をして遊ぶ。

自分で考えないと、何もできないまま終わってしまう。

毎日ドロドロになり、木のぼりなんかもするので服も破れていた。

新しい洋服はもったいないので、みんなボロボロの服で遊んでいた。

ここの履物が草履だった。

そのまま今も草履生活を送っている。

「この環境がいい」と教育熱心な親が通わせる一方、近所なのに「汚いという理由で毛嫌いする親とで真っ二つに分かれていた。

 

どちらがいいかは、親が判断すればいい。

 

先日、「高濱ナイト」でお会いしたママは、「保育園をクビになった。」とおっしゃっていた。

理由は、みんなと違うから。

お昼寝はしない、お外に行きたがらないので乳児とお留守番、みんなで一緒に遊ばず本を読むのも先生としては気に入らない。

「他の子と違う」というのが許されない保育園だったそう。

「こちらの方針に従えない子は辞めてください」。

いや、今の世の中「多様性」が叫ばれてるのに、みんなと違うから辞めてはないでしょ・・・と驚いた。

 

保育士さんたちの数も限られている中で、なかなか「人と違う子」を見るのは大変なのはわかるが、散々高濱先生や、花まるの先生方を見てきてるので、この保育園の先生たちってほんとに教育者なの?と思う。

まあ保育園だから教育機関ではなく、養護がメインなのだが。

 

今、保育の専門学校に通っている友だちに聞いても、教育実習に行くと、園長先生に従わなければならず、辛い思いをしている先生たちがたくさんいると言っていた。

一番大事な幼児期を、そんな場所で子どもを潰されたらたまったもんじゃない。

「ここは違う!」と思ったら、思い切って幼稚園を変えてもいいと思う。

大変だけど、幼稚園を辞めて毎日一緒に遊んでもいい。

Yahoo!の宮澤さんはお父さんはが「息子と一緒に遊びたいから幼稚園をやめさせた」とおっしゃっていたし。

あとは「花まる学習会」に行けば、そのままのその子を認めてくれる先生たちがいる。

今では「探究学舎」や「知窓学舎」等の「探究型塾」も出来てきて、学校や幼稚園以外の選択肢も増えている。

是非、子どもの「興味関心を伸ばす場所」を見つけてあげてください。