中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

水族館に行ってみたが・・・

息子が何より楽しみにしていたのは「電車」・・・

 

「特急ひたち1号」に乗る為に、早朝から東京駅へ向かう・・・

 

眠い・・・

 

 

f:id:mikan-iro:20190917115645j:plain

 

 

久しぶりに「水族館」に行ってみる事にした。

東京の水族館は混むので、田舎へと。

また辛い「息子とおでかけ」だ。

しかも大好きな電車に乗るのでノリノリだ。

 

やはりというか、ずぅ~っと隣で、電車の走行音、車内アナウンスを聞かされ、

「録音するから静かにして!!」と、注意され、走行中ずっと「今、100キロ出たよ。」「この区間は、最高速がでるよ。」「ここでいつも撮影してるよ。」「あの電車珍しいんだよ、ちょっと降りて撮ってきていい?」「ここからはカーブが多いから、スピード落ちるよ。」とまあ、ずっとこんな調子で解説してくれる訳だが、私は全く興味がない・・・

常磐線にメチャクチャ詳しい息子。

「通いなれた道」という感じ。

駅名も全て頭に入っている。

勉強にはあまり役にたたないが、お出かけや乗り換えの際にはすごく役に立つ。

 

 

デッキでマイクから録音中。

f:id:mikan-iro:20190917103537j:plain

 

帰りは、グリーン車に乗ってみた。

また大喜びだ。

しかも、途中駅で特急の通過待ちがあり、撮影に成功。

彼は速い電車が大好きなのだ。

そこから息子の大好きな「特別快速」に乗り換えた。

「駅を通過する」のがたまらないらしい。

窓辺に置いたスマホには何やら、現在のスピードが表示されている。

どこでそんなアプリを入手したよ?

彼は、外の景色が流れる速さで、現在のスピードがわかるので、あまり必要ないアプリのような気はするが・・・

とにかく、ずっと大興奮だった。

 

帰りのグリーン車では、小さい子供を連れた家族が乗ってきた。

ああ・・・静けさが・・・・

家族はは大声で歌を歌いだした・・・

メチャクチャ騒がしかった~。

それにしてもあの子どもたち、楽しそうだったな~。

息子も小さい頃うるさかったし、普通車の座席で、あの騒がしい子どもたち乗せるのも大変だし、まあ仕方ないな・・・・

 

家に帰って見ると、息子のスマホには1枚も、水族館の写真はなく、全て「電車」だった。

結局、

彼にとって大事なのは、どこへ行くか?ではなく、何に乗るか?なのだ。

 

 ↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com