中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

水族館で息子がいちばん食い付いたもの。

えっ、いちばん気になったのがそれかい!

 

わざわざ遠出して行った「水族館」。

特急に乗り、バスにまで乗って到着。

順番に見て回ったが、生き物はおもしろいな。

結構人がいて、混み混みだった。

 

 

f:id:mikan-iro:20190918175214j:plain

 

この水族館には苦い思い出がある。

まだ幼稚園の頃に連れて行ったのだが、天井まで届く巨大遊具があって、小学生未満の子だけが遊べるようになっている。

網になってたり、トンネルになってたり、小さい子は楽しめる。

そこで3歳児の息子は、上の方に上り、下の人に向かってツバを吐いていた。

「うわっ、何これツバじゃん。あの子じゃない!!」と指をさされた息子。

腸が煮えくりかえる思いでタワーに上り「何やっとんじゃー」と追い掛けたが、小さい子用の遊具の中、逃げる逃げる。

やっと捕まえて引きずりおろし、2度とここにはこない!!と思ったのだった。

 

あれから10年、一通り見て周り「イルカショー」の会場に行くと、既にいっぱいで「立ち見」だった。

いやいや、立ってまで見たくないし。

と言う事で、「サメの餌付けショー」へ移動。

そりゃ期待値は上がるわな~。

想像したのは、巨大ザメの水槽に投げ込まれる、大型の魚か何かの塊。

それを映画さながらに、バクバク食い付くサメたち。

 

f:id:mikan-iro:20190918175043j:plain

 

ところが、水族館の「シロワニ」というサメは、小さく一口大に切った魚を、おちょぼ口でパクパク食べるだけ・・・

期待してたのと全然違う!!

つまんない!!

こんなもんか・・・と諦め、再び「イルカショー」の会場へ。

次の回の為に私が並び、息子は1人で魚を見に行った。

興奮して帰ってきて言ったのが「すっごいハゼがいたよ!!」

「あのいつも釣るやつだよ!!。こんなでっかいんだよ!!」と手を広げて見せた。

何の事はない、いちばん食い付いたのは「ハゼ」だった。

 

f:id:mikan-iro:20190918173639j:plain

 

いつも釣っている魚の「巨大版」が目の前にいて興奮していた。

確かに驚きの大きさだ。

30センチくらいはあった。

「ハゼ」ってこんなに大きくなるんだ・・・一体何年生きてるんだろう?怖い・・・

 

その後は、イルカとアシカのショーを見た。

前の席は「水がかかるから!」とレジャーシートを「1枚¥500円」で売り出す係員さん。

それが飛ぶように売れて、息子と2人「ボロ儲けだね。これ1回で5~6万行くよね。いいな~こんな商売。」という会話をした。

ショーは楽しかった~。

 

水族館はたまに行くとテンション上がるな。