中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「忘れ物」ってなくせない?

本人がどれだけ意識できるかにかかってる。

 

先週月曜日に、提出すべき「プリント」を発見した。

そしてクリアファイルの上部にバッグに入れても見えるように「大型シール」を貼り、赤いマーカーで「提出物」と書いてそこに入れ、

 

「明日出してくるんだよ!」

 

「わかった。」

 

という会話をした。

 

ところが昨日の夕方ふと見ると、「提出物」と書かれたファイルの中に、先週月曜日に出すように持たせた「プリント」がそのまま入っている・・・

許せない!!という事で大ゲンカに。

 

「何で出してないの?」「理由を説明して。」「これからは成績に関わるから、提出物は完璧に出すって約束したよね?」「もう1週間以上たってるんだけど!」

矢継ぎ早に息子に問いただした。

「忘れたんだよ!知らね~よ。」

 

そりゃぁもう、大ゲンカだ。

 

allabout.co.jp

 

この記事によると、忘れた時親は「届けちゃいけない」と書いてある。

息子が小学生の頃、学校の担任から「忘れ物」を届けるように電話が掛かってきて、何度も届けた事がある。

息子は忘れても「お母さんが持ってきてくれる」と油断しているし、「誰かに借りればいいや」くらいに思っている。

私は届けたくなかったが、先生が「持って来い」というので従った。

しかし届けなかったからと言って、息子の忘れ物がなくなったとは思えない。

きっとどちらにしても、忘れ物はなくならなかっただろう。

 

 

↓ ノースフェイスのリュクだったが、貼って剥がしやすかった。

 

 

 

塾に行く時は、マスキングテープに持ち物を書き、バッグに貼っていた。

提出物は「○○」とも書いて貼っていた。

それでも忘れていた・・・

脳の構造の問題だろうと思うので、無理なのだ。

FCの先生もそう言っていた。

できない人はできないのだ。

アドバイスとして「常に助けてくれる誰かを見つけておけ」だった。

がんばって捜しなよ、息子。