中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「タコ」釣ってきたよ。

とうとう「釣り船」にまで乗りだした。

先日、朝4時起きで始発電車に乗り、神奈川県に向かう息子。

友だちの知り合いの船長さんの船で「タコ釣り」に行くという。

いつものように、当日朝に準備を始める。

案の定、あれがない、これがないと慌てている。

じゃあ、何で前日に用意しないよ?

 

おにぎりを持たせ、何とか荷物をまとめるも、駅まで走らないと電車に間に合わない。

走る走る息子。

自転車で並走しながら見送った。

ふぅ~、何とか間に合った。

 

便利なアプリ「LIFE360」で、息子の位置確認。

朝、7時から、午後3時過ぎまで海の上にいた。

船には酔わないのかね~?

果たしてタコはどうなった?

 

夕方帰宅した息子「あ~、あ~、1匹くらいは釣りたかったよ~」とがっかりした顔をして見せた後、、クーラーボックスの中からは5匹の「タコ」が。

笑顔で「うっそぉ~」。

顔を真っ赤に日焼けし、うれしそうだった。

大興奮で、「一番最初に俺が釣れたんだよ!」と自慢し、「ほんとは6匹釣ったけど、1匹は小さいんで逃がしてあげた。」と言っていた。

 

 

f:id:mikan-iro:20190919210821j:plain

 

 

 

 

とりあえず刺身。

f:id:mikan-iro:20190919210713j:plain

 

 

気になる「釣り船」の料金は・・・8000円也。

息子よ・・・8000円あったら、結構な量の「タコ」が買えるぞ。

 

 

たこ飯。

f:id:mikan-iro:20190919210616j:plain

 

 

「8000円も払ったの?」と言うと、「いやいや、これだけの新鮮なタコを手に入れたのと、体験料で安いもんだよ。」と言い放った。

そうだね・・・

確かにお金は物じゃなくて、「体験」に使うのがい・・・と思った。

それから晩御飯は「タコ」料理が続いている。

まだ残ってるので冷凍した。

 

次はイカを釣りたいそうだ。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com