中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

家が安心できる場所ではなくなっている。

忙しすぎて、親子ともいっぱいいっぱい。

 

kodomo-manabi-labo.net

 

いつも、先の事を考えて頭の中で、9時には寝ないと困るから・・・等と逆算して、あれをしろ!これをやっておけ!今すぐ動け!となっている。

小さい頃から習い事三昧させていたので、息子は本当に忙しい子供だった。

「8時には寝かせる!」と決めていたので、それに合わせて、急かした。

それなのに一人っ子の特徴なのか、食べるのが死ぬほど遅い・・・

この時間もったいない!!といつも思う。

こうしていつでも私が「急かす」という生活だ。

 

自分もボーッとする事があるくせに、息子が家でボーッとしていると何だかムカつく。

やらなければいけない事がたくさんあるのに、「一体この時間なにしてたの?」となる。

 

何で今頃宿題やってるよ。

何で今頃準備してるよ。

 

何で、何で・・・の連続だ。

 

私が口を出し過ぎて、息子が自分で考える事を奪ってしまった事を自覚しているが、

放っておくと、提出物が出せない、宿題しない、カバンの中がグチャグチャになる、食べっぱなし、飲みっぱなし、脱ぎっぱなし。

ひど過ぎて黙っていられない。

難しい・・・

金銭的に余裕があれば、寮のある学校に入れたかったな・・・

 

「花まる学習会」では年に1回「山村留学」を募集している。

毎回大盛況で、抽選になるくらいだ。

外の大人たちに育てられた子どもは、立派に成長して帰ってくる。

うらやましい。

学校がダメになったとき、これもありだな!

ただこの制度は小学生までだった気がする。

 

きっと私が離れられなければ、息子の成長はないのだろう。

今、お互い一緒にいて何一ついい事がない気がしている。

「お母さんは全力で学校に残れるよう動いてください」とお世話になった先生に言われた事も思い出す。

もう少し「普通の子」だったら・・・・と思う。

今の世の中、何が「普通」かなんてわからないけど。

他人は「普通じゃないからおもしろい!」というけど、家族はそうはいかないよ。

現に息子が「自分の子だったら無理!」と言われた事も何度もあるし。

大変だよ・・・

 

限られた時間を、もっと要領よく使えるようにしないと。

そして息子の大事な「居場所」も作ってやらないと。

がんばろう。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com