中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

足を速くしたい!!電車好きじゃなかなか・・・

昔「かけっこ教室」というものに行かせてみた。

 

幼稚園の頃は今と違って、プラレールやBRIOで遊ぶ子どもだったので、ひたすらインドア。

線路をつなげては、電車目線に合わせて寝転がり、延々走らせて遊んでいた。

自分で好きなように組み立てて、電車の走行音を口ずさみながら、何時間でも遊んでいた。

 

 

↓ 木でできているので小さい子も安心。いろんな種類が出ているのでどんどん増やせる。

 

 

幼稚園の友だちも電車好きなので、いつも同じ遊びだった。

「家の中」で電車を走らせるだけ。

なので、足なんて速いはずがない。

 

小1~小3まで、遅い遅い。

「運動会」では4人で走って、ギリギリ女子に勝てる感じだった。

 

「はなまる学習会」の高濱先生が、「運動音痴はコンプレックスになるから、何か得意な物を見つけた方がいい。」というお話をされていたので、「かけっこ教室」に行かせてみた。

スタートの練習から、足の上げ方、フォーム等を教わった。

結果は・・・1回や2回の練習じゃ、そうそう足は速くならなかった。

 

start-line.net

 

ところが、小4あたりからクラスメイトと公園での「鬼ごっこ」が始まった。

休み時間も毎回「鬼ごっこ

因みに、東京あたりの狭い校庭での「鬼ごっこ「空間認知能力」を高めるのにすごくいいと高濱先生がおっしゃっていた。

その「鬼ごっこ」が6年生まで続いた。

毎日、毎日、走り込む。

やたら「鬼ごっこ」が好きな子たちだった。

そうすると、息子の足がどんどん速くなった。

それどころか、高跳びも背の高い子たちと並ぶくらい跳べるし、跳び箱だって跳べる。

 

運動会の「徒競争」でも1位になった。

 

ただし、見た目的には何かバランスが悪くおかしいのだが・・・

運動神経がちょっと・・・と思っていたが、意外や意外、「運動神経いいグループ」に入ってしまった。

そして6年生でとうとう「リレー選手」に選ばれた。

それはもう、大興奮で応援した。

ただ本当は「応援団長」やって欲しかった~。

応援団長をやると中学受験で「第一志望」に受かるというジンクスがあった。

確かに「応援団長」をやった子が、すごいとこに受かっていた・・・

惜しかった~。

 

5年生で、毎日塾に行くようになってからは、最寄駅から家まで、毎回、私の自転車と全力で競争していた。

うっかり自転車が負けてしまう事があるくらい、息子は足が速くなっていた。

しかも「草履履き」だ。

結局、足を速くするには、「かけっこ教室」よりも、毎日走り込むのが一番だとわかった。

ただ、ほんとうに上手な人に教わったら違うのかも?という思いは残っている。

子どもの足を速くしたければ、毎日、走り込みを!

短距離が苦手な子には、長距離を伸ばすのがいい。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com