中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「アデノイド肥大」で手術。

小4の時、入院して手術した。

小さい頃から、風邪をひきやすく、よく高熱を出していた。

そして、

寝ている時の「いびき」がおっさん級で、いつも気になっていた

 

夜中に「ンゴッ」と言って、その後「無呼吸」になることもあり、このままじゃマズイ・・・とも思っていた。

夜中、何度も息子の顔の前にてのひらをかざして、息をしているかの確認をした

息が止まっていると、息子を起こさないようにしながら、寝ている角度を何度も調整して、息ができるようにしていた。

 

 

↓ いつも鼻が詰まっていたので、高いけれどこれを購入。

吸引力が強いので、すごく良かった。

息子は鼻をかむのが下手くそだったので、小学校の間ずっと使っていた。

高いけれど、何年も使えるし、それだけの価値があると思う。

上手く鼻がかめない時は、今でも使う事がある。

もし兄弟がいれば、ずっと使えるので更にオススメだ。

 

 

 

 

 

小4になっても、症状は続いており、

どこに相談すればいいんだろう?と思っていると、

「花まる」のクラスメイトのママが、

「うちそれで手術してよくなったよ。」と言うではないか。

もっと早く聞けばよかった・・・

手術後は「いびき」もなくなり、「死んでるのか?」と思うほど、静かに眠っているという。

おまけに「高熱を出さなくなった」らしい。

 

いい事ずくめじゃないか!!

 

これはやるいしかない!と思って、早速教えてもらった病院に電話して、予約した。

そうそう学校も休めないので、手術は「夏休み」に行う事にした。

5年生の夏休みは恐らく「塾の夏期講習」で休めないので、4年生でやってしまおう!

 

 

www.minamitohoku.or.jp

 

 

いよいよ手術だ。

説明を聞いて、入院。

部屋は4人部屋だったが、たまたま息子1人で入っている事が多かった。

入院中暇なので、たくさん本を持って行った。

この時ばかりは、やる事がないのでさすがに母に「与えられた本」をおとなしく読んでいた

「術後」彼はは弱っていたので、本を読む元気もなく、私が毎日病院に通い

「窓際のトットちゃん」の読み聞かせをした。

 

 

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

 

 ↑

密かに「あんたもこんな感じだよ。」と思いながら読んでいた。

しかし後半、戦争の話になってくると、私は泣いてしまい、恥ずかしかったのを覚えいてる・・・

 

 

 

手術が終わって、見せてもらった「アデノイド」は確かに大きかった・・・

 

f:id:mikan-iro:20190927161510j:plain

 

左右、両方取ったのだが、1つが3センチ以上あった。

これが喉を圧迫して、呼吸がしづらかったんだ・・・

 

手術後はすっかり「いびき」もなくなり、すやすや眠っている。

私が夜中に息子の「呼吸確認」をしなくてもよくなった。

インフルエンザの予防接種をしてもAもBも、両方掛かるような子だったのが、インフルエンザにも掛かりにくくなった。

高熱も出さないし、手術してよかったと本当に思う。

思えば、いつも鼻がつまっているので、ずっと口呼吸し、ウィルスやら細菌を吸いこんでいたのかもしれない。

 

大変だったのは「術後」、喉が痛くて物が飲み込めないので、白湯からはじまり、徐々に食べ物い移行する時だった。

もともとガリガリなのに、その時は更に痩せてしまった。

しかも、病室独り占めで、まるで我が家のように「裸」で過ごしていた。

いろんな人に注意されても「裸」だった。

人の言う事なんて聞きやしない。

 

 

今はもう

風邪もひきにくなり、いびきもかかず、元気に過ごしている

もし、「いびき」「無呼吸」のお子さんがいたら、是非、

手術ができる大きい病院の耳鼻科に行ってもらいたい。

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com