中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

何もかもが上手くいかない。

親子ゲンカが絶えず疲弊している。

世の中に出回っている書籍やブログでは、「大変な子」を温かく見守って、冷静で穏やかなお母さんたちのがんばっている姿が多い。

 

どんな子でもあなたはお母さんなんだから、愛情を持って穏やかに育てましょう」と誰もが思っている。

子どもに対してやっちゃいけない事はあれ、言っちゃいけない事はこれ等と書かれているが、そんな事はよくわかってるさ。

わかってたってできないんだよ・・・・

私は全然がんばれていない。

ケンカになると酷い事もいっぱい言う。

子どもの自己肯定感なんてブッつぶしてしまう。

とても「出来た母親」とは言えない人間だ。

 

小さい頃から外で余計なひと言を言う息子にヒヤヒヤし、恥ずかしかったり、

「何でそんな事言うの!!」とイラだったりしていた。

 

 

例えば電車の中。

 

あの人邪魔だよね~。

あの人うるさいよね

何でこんな所に荷物あるんだよ、ほんと邪魔だよね~

等と大きな声で言う。

反対ホームに特急列車が入ってくれば、我先にと人を押しのけて1番に電車に乗り込んだりもする。

いろんな人に舌打ちされ、睨まれる。

ラッシュで押されれば押し返し、足を踏まれれば踏み返すような子だ。

 

私は何度もいい聞かせた

「電車の中では黙ってる事!」

「何か思っても言わない!」

 

「この中の誰がナイフ持ってるかわかないし、みんながちゃんとした人とは限らないんだよ。何されるかわからないよ。」と言い続けた。

中1の今、少しはマシになったが、それでも「余計なひと言」が完全になくなったわけではない。

 

それこそ小さい頃は

「息子の余計なひと言」によっていつ刺されるかわかない・・・と思っていて、私は常に周囲を見渡し、どうやって戦うかを考えていた

 

この人を怒らせて襲って来られたら・・・・

 

傘を持っている時は、これで刺そうとか、大きい男だったら、どちらかの足を一本全力で抑えて、その間に子どもだけ逃がそうとか、カバンを投げつけて自分が戦い、とりあえず子どもだけ逃がそう!!などと考えていた。

 

「何かあったらお母さんが戦うから、全力で逃げるんだよ!!」といつも言っていた。

「でもお母さんは戦いたくないから、大きな声で変な事は言わないように気をつけるんだよ。」とも言い続けた。

どうしても言いたくなった時は「小さい声でそっとお母さんだけに言うんだよ。」

 

最近「カサンドラ症候群」の記事を読んだ。

 

www.dailyshincho.jp

この「水掛け論」でわかり合えない感じ、これだ!!と思った。

 

 

ただ、息子は学校ではうまくやっているし、友達も多い。

塾の先生は「親を怒らせるため、確信犯でやってる気がする。」とおっしゃっていた。

それにみんなが息子を「やさしい子」だと言う。

 

私にだけずっとこんな感じなのか?

反抗期だから?

それにしても辛すぎる。

とりあえず本を買った。

明日届くので、親子で読んでみよう。

 

 

 

子どもの相談に行くと必ず言われる言葉は

「お子さんがいちばん困っているんですよ。」という言葉。

 

「大人なんだから、あなたが理解してあげてください。」という事なんだが、

毎日、毎日、息子と対峙しているこっちだって心が弱っている。

そうそう、穏やかではいられないよ・・・

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com