中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「花まる サムライ合戦」。親子サムライ編。

10月13日(日)、14日(月)さいたま大宮公園で「サムライ合戦」が体験できる!!

 

朝から雨が降る中、埼玉県に向けて出発した。

鴻巣駅8:36のバスに乗れ」と書いてある・・・・

メチャクチャ眠い・・・

 

「小見野学校」という廃校になった小校での「サムライ合戦」だった。

親子80組がいたらしい。

 

みんな車で来るので、バスに乗っていたのはうちだけだった。

早く着いたので、学校の周りで生き物探し。

あっと言う間に「カエル」を見つける息子。

アマガエルは遅いが、ツチガエルは動きが早くてなかなか捕まえられない。

 

f:id:mikan-iro:20191007235445j:plain

 

あとは広い体育館を、転がったり、逆くまさん歩きで進んだりしていた。

外でしゃべっている時、奴がふざけて私を突き飛ばした。

ドロドロの地面に肩から倒れ、左肩を強打した。

許せない!

休みの日に、息子のサムライのために、朝5時過ぎに起きて、付き合ってやっているのに、なに押してんだよ!

ドロドロの服と、肩と腕の痛みで怒りがこみ上げる。

何で、こんなとこまで来て、こんな事されなきゃならないんだよ。

ポンと押しただけだと言い張るが、実際に私は地面に肩から転んでドロドロだし、痛くてしばらく立てなかった。

こういうところが気に食わない。

 

それでも本気で戦わないと、先生たちに怒られる

「花まる」の先生たちは、本気でやらないと怒るのだ・・・

 

 

↓ 「サムライ合戦」とは。

hanamaruyagai.jp

 

 

サムライ合戦が始まった。

息子は強いので、小さい子たちがキラキラした目で見る

そりゃ、中学生にもなって「サムライ」で戦っている奴なんてそうそういないし、ほぼ小さい子たちしかいない。

しかも何回やってるよ?というくらい経験を積んでいる。

大人も時々倒したりもする。

息子は「サムライ合戦」が楽しくてしょうがないようだ。

 

 

f:id:mikan-iro:20191007235823p:plain

 

 

 

私はというと、本当は休みの日に「サムライ」で戦いたくはない・・・

常に緊張感を強いられ、次の日確実に全身にくる。

もう何が何だかわからないくらい痛い。

その体で仕事に行かねばならない・・・

 

でも戦っている時は「倒したい!」と思うし、やられると「悔しい!」

紙風船を太ももに付けて、発泡スチロールの剣で割るのだが、なかなか割れない。

おまけにみんな本気なので顔にバーンと当たることもあるし、

刀で防御する時に、手を思いっきり叩かれたりもする。

お風呂に入ったら全身アザだらけだった。

いっぱい叩かれる。

 

今年の1~2月の、息子の午前午後受験で、1日中「受験校」で座っていた時に傷めた腰が治らず、整骨院に通っているのに、サムライに参加する辛さ・・・

そこに筋肉痛が相まってそれはもう痛い・・・

私はあと何回「親子サムライ」に参加しなければならないのだろう・・・

 

でも、息子は底辺の成績のくせに、日曜日に遊んでるなんてもってのほかだ。

次回「親子サムライ」に参加する条件として、学年「20以内をキープする」事とした。

底辺の成績からの20位なんてほぼ不可能に近い。

どうする息子よ?

「サムライ」のためならがんばれるのか?

勉強もせず、遊んでばっかりなんてもう許さないぞ!!

さて、今月は「中間テスト」がある。

果たして何位を取れるかな?

 

 

 

↓ 10月13日(日)、14日(月)さいたま大宮公園で「サムライ合戦」が体験できます!!是非、参加してみてください。

saitama-wabi-sabi-2019.jp

子どもも、大人も楽しめます。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com