中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

中学生活。

普段の生活。

 

中学生になっての「電車通学」

朝は早くて、帰りも遅い。

小学校とは全然違う、長い「通学時間」で大変。

おまけに、毎日お弁当。

 

「持ち物」が増えると、失くし物も増える。

とうとう恐れていた「定期券」もこの前失くして再発行となった。

弁当箱一式も電車に置き忘れ、結局出てこなかった・・・

 

学校から一歩外へ出ると、子どもたちは一斉に

みんなでスマホを見始める

親からするとこの時間がとてつもなく無駄に思える。

中学生、スマホを持たせない訳にも行かず、昔とは違うんだな・・・と実感する。

いかに制限を掛けられるかが勝負だ。

 

ずっと親が見張れる訳もなく、きっとゲームだってやっているだろうし、「YouTube」だってこっそり見ていた。

 

スマホによって奪われる時間が多すぎる。

 

通学時間は短ければ短いほどいいと思う。

この見張れない時間、子どもたちは無駄な事しかしないから。

 

 

chukou.passnavi.com

 

勉強はする子と、しない子に分かれる。

受験を終えて、ある程度勉強習慣も付いているだろうし、

「もう中学生だからきっと勉強するだろう」と思っていた。

ところが1分たりともしない。

底辺の成績を取ってきてもしない。

こんなに勉強しないんだ・・・・とガッカリした。

 

おまけに、学校からの電話の数も、小学校の時より断然多い。

しかし、2学期になって今のところ、友だちの「落し物」の事以外で電話はかかってきていない。

 

成長したのか?

 

先生が諦めたのか?

 

他に褒めるところもないので、

 

「2学期になってから先生から電話掛かってきてないよね、偉いね。」なんて褒めるべきだろうか?

 

本来は学校から電話が来ない子の方が多いのだが・・・

 

 

まあ息子は「褒めて伸びるタイプ」ではない。

「褒められたら、ただただ調子に乗る」タイプだ。

 

f:id:mikan-iro:20191009160938p:plain

 

 

 

 

まだ1年生。

これからの成長に期待したい。

まもなく2学期の「中間テスト」が始まる。

「ようし、次は1番取ってやる!!」と言って、全く勉強しない。

 

もうため息しか出ない・・・期待はしないでおこう。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com