中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

ゲームを考える。

うちは「ゲームは一切やらせない」でずっとやってきた。

 

 年長から「花まる学習会」に通う息子。

私はその頃から「高濱先生の講演会」に参加していた。

 

言われていたのが

「ゲームをすると「ゲーム脳」になってしまう。」というお話だった。

ゲームによって「人生を台無しにした子どもたち」をたくさん見てきてのお話だ。

それはそれは恐ろしく、「絶対やらせない!!」と思っていた。

 

息子にもゲーム脳になっちゃうよ!!と言い続けてきたので、息子もそれを恐れている。

 

あれから7年が経ち、うちは今でも「ゲーム」は禁止としている。

学校でも塾でも、ほとんどの子が「ゲーム」をしている。

小学校の時も友だちの家に行った時にしかゲームができないので、他の子とたちと「ゲームレベル」が相当違ったらしい。

それでも気にする子でもないので、楽しんでいた。

友だちの家までは禁止にしていなかった。

学校での話題に付いていけなこともあったそうだが、比較的平気な子で助かった。

 

公園で遊んでいても、急に「みんなでゲーム」が始まるらしい。

そうすると息子はつまらないので帰ってくる。

公園に集まっているのに、みんなでゲームする意味が私にはわからない。

公園で「ゲーム大会」が始まりそうになった時息子は、

 

「そんなん家でもできんじゃん。公園でしかできない遊びをしようよ!」と提案する。

 

それが通る時もあれば、却下される時もある。

却下されると息子は帰ってきた。

 

 

以前参加した「高濱ゼミ」で小幡和輝さんが「ゲームはやった方がいい」というお話をされた。

 

h-navi.jp

 

「ゲーム」によって救われる子もいるのだろう。

そこは認める。

 

 

ゲームは人生の役に立つ。  ~生かすも殺すもあなた次第

ゲームは人生の役に立つ。 ~生かすも殺すもあなた次第

 

 

 

 

↓ 不登校向けのオンライン家庭教師「ゲムトレ」というものも出来た。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/gametrainer

 

 

だが、うちはやはりゲームはさせない

理由は息子の特徴を考えると、ハマったら抜け出せなくなるからだ。

実はいつの間にか「スマホ」にゲームが入っていた事が2~3回ある。

開いてみると、ある程度レベルアップまでしていたので、何度もやっていた感じだ。

約束とは違うので即「アンインストール」した。

ゲームを削除した事をを息子に告げても「うわっ、もうちょっとで次のレベルだったのに・・・」とガッカリはするが、自分が悪いとわかっているので怒りはしない。

 

堂々と「ゲームしていい」となった時、きっと息子は夢中になるだろう。

「釣り」でも「電車」でも異常にハマる子だ。

自分でも「ゲーム」にハマると分かっているようで、「俺、やめとく」と言う。

 

やはり、ゲームをするには向き、不向きがあると思う。

「衝動特徴」のある息子には向いていない

 

いつか自分で稼いで、自分でゲームを買って、自分でやめる事ができるようになればやってみればいいと思う。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com