中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

「電車好き」は頭がいい?

男子は興味がある事は覚える。

 

幼稚園の頃から電車好きだった息子。

 

特に「踏み切り」が好きで、踏み切りがカンカンと鳴りだすと、電車が通る方に行き、より近くで電車を見ていた。

1本ごとに、その繰り返し。

 

思えば、小さい頃から「車両」の数を数えていた

 

○○線は「8両」だの「10両」だの言っていた。

 

 

 

↓ 木のおもちゃが好きだった。

プラレール プラレールをはじめよう! レールベーシックセット

プラレール プラレールをはじめよう! レールベーシックセット

 

 

 

 

小学校低学年では生き物にハマり、その後は「戦国武将」。

 

kodomo-manabi-labo.

 

 

もう「電車」はないだろう・・・と思っていたら、高学年で「電車」に復帰した。

 

 

↓ このシリーズを使っていた。

 

漢字をおぼえる 鉄道ドリル 新幹線編

漢字をおぼえる 鉄道ドリル 新幹線編

 

 

 

確かに、駅名を覚えているので、地理に強いし、スピードが気になるので、計算して速度を出したりもする。

JR好きの息子は「中央線の全駅」を覚えている。

この知識は一体いつ使うのか?

 

あと道に迷わない

地図や路線図が頭に入っているので、電車の遅延やう回があっても対処できる。

 

そう考えると、「電車好き」はお得感いっぱいかな?と思う。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com