中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

電車の中・・・

今までとは違う・・・

 

塾の帰り道の事。

 

親子2人で電車に乗っていた。

 

途中の駅で、1つ飛ばしで席が空いたので、それぞれに座った。

 

1月の入試以来、腰を痛めたままで通院中の私。

 

そぉっと浅く座っていた。

 

それに文句を言う20代の女。

 

「ちっ、ちゃんと座れよ!」と言われた。

 

う~ん、聞き流すか・・・・いや、我慢できない!

 

世の中、わざわざ他人に対して聞こえるように文句を言う人間がいる事が信じられない!

他も場所空いてんだから違うとこに行きゃあいいじゃないか。

 

その後、お互い嫌み言い合いとなった。

大人げない私・・・・

両サイドの席の男性たちが引いている。

 

電車を降りて息子が一言。

「怒ったら損だよ。何にもいい事ないよ。」と言われた。

「あっら~、ごめんなさいね~ってムカつくような、ふざけた感じで言い返してやればいいんだよ。」

 

いやいや、お母さんはいつもあんたが電車で余計な事を言うから、

常に「こいつどう戦うおう?」って何年間も考えて来たんだけどね!

 

 

どうやら、私の

誰がナイフ持ってるかわからないんだよ!

刺されるかもしれないんだよ!」の言葉がやっと効いてきたらしく、最近は嫌な奴がいても黙って我慢できるようになったそうだ。

それなのに、私と来たら我慢できなかった・・・面目ない。

 

このところずっとイライラしていたので、罰が当たったのかな?と思った。

悪い「気」は悪い「気」を引きよせるような気がする・・・

 

何とか「ニコニコ」で過ごしたいな。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com