中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

御茶ノ水カレッジ「高濱ゼミ」に参加した。

思春期の子どもと上手につきあうには?

御茶ノ水カレジで行われた高濱ゼミ」

ゲストで「おおたとしまさ」さんがいらっしゃった。

 

今回のテーマは正に今直面している「思春期の子どもとの付き合い方」だった。

 

最初に

0才~3才 

4才~9才

11才~18才 は「別の生き物」という話があった。

 

11才になったら今までみたいに「宿題やったの?」等と言うのはダメ。

ここから先は、社会的に外で育つ。

「外の師匠を見つける事」というお話があった。

 

→その「外の師匠」がなかなか見つからないんだよな・・・

 

子どもだって、外でがんばってきているから、「家ではダラダラするもの」。

子どもの様子を先生や何かに聞いてみて褒められたら、大丈夫だとおっしゃった。

 

その「ダラダラした子ども」を見て「イラッ」としたら「病んでる」そうだ。

 

→私は病んでると自覚している。

ただ、息子は先生に「がんばってますよ」とは言われていないぞ・・・

それどころか「どうしましょうか?」って言われてるぞ・・・

それでも「家でダラダラしていて」もいいのか?

しかし、もう口出しするまい。

自分で考えないとダメだとわかったから。

 

おおたさんは「もやもや、イライラは大抵自分の中にある。

自分か相手を変えるとしたら、相手は変わらないので自分を変える。

ここで気付いて、自分が成長するチャンスだと余裕を持てるといいですね。」とおっしゃった。

 

→イライラは自分の中にあるは絶対そう。

相手は変わらないので、自分が変わるしかないのも絶対そう。

よくわかる!

 

こうして、最初に「結論ありき」のゼミとなった。(笑)

 

ここからやっと、参加者からの相談が始まった。

 

◎大人に対して態度が悪い (中1 男子)

そういう年頃。

まだ世の中をなめている。

この時期は友だちと上手くいってる方が重要。

子どもには「お母さんは、これはよくないと思うよ」と自分の気持ちとして伝える。

 

 

◎自分は親子関係がうまくいってると思っているが、子どもがどう思っているか心配(高3女子 中2男子)

自分が親に何も言われず好きにさせてもらってきたので、子どもにも同じように接しているが、子どもはどう思っているのかが心配。

 

高濱先生

親を喜ばせたいからという思いを汲みとり過ぎて、過剰反応で

「親の意向に沿う人生」を送り、大人になって「本当に自分のやりたい事はこれじゃなかった・・・」と後悔する人生を送る人がいると教えてくださった。

これの怖いところは、親は「ああしろ、こうしろ」とは言わないが、親の期待が子どもに伝わり、子どもがその期待に応えようとそちらを選んでしまうところ。

→いい子ちゃんは危険

 

おおたさん

「ダブンバインドメッセージ」ですね。とおっしゃった。

→メッセージとメタメッセージが矛盾するコミュニケーション状況におかれること。

 

 

↓ ここでオススメの本を紹介してくださった。

マイク: MIKE (児童単行本)

マイク: MIKE (児童単行本)

 

 

 

◎子どもが急に暴れて壁に穴があいている(小5 男子)

外ではやらないが、父親に対してだけ甘えているのか?急に暴れ出す。

 

高濱先生

親に言えない、何かしらを気にしていると暴れる事がある。

例えば「いじめにあってる」「自分だけ毛が生えてこない等体のこと」「兄弟への嫉妬」など。

1対1で時間を取って「どういう気持ちなのか教えて?」と聞いてみるといい。

 

おおたさん

勉強を教えていた時に暴れ出したので、本当は認めて欲しいだけだったのに、お父さんが「他にはこんなやり方もあるよ」なんて余計な事を言ったからじゃないですか?

ただただ認めて欲しいだけなのかもしれませんよ。

 

子どもには「ちゃんと見てるよ」と伝える事が大事。

子どもの目の輝きを見た瞬間一緒に目を輝かせる。

何も言わなくていい、アイコンタクトで「うん」ってするだけでいい。

それが「君を見てるよ」というメッセージ。

 

 

 

他には

●何も言わないけど、待ってるよ!というのが伝わる待ち方をされても子どもは困る。

●大人の言う事を聞かず、失敗する経験から学ぶことがある。

→その失敗した時に「ほら、お母さん言ったよね!」は言わない。

●1つできると親は子どもへの期待レベルが上がっていくので注意。

 

 

 

高濱ゼミ」はこんな感じでした。

ゼミに参加して、息子は勉強しない以外は「なかなかいい子だな」と思いました。

友だちがたくさんいて、釣りをして、電車撮影して、毎日楽しく過ごせて。

きっと毎日、私には想像できない何かを考えているんだろうな・・・

 

「勉強どうする?」と聞いてみたら「やりたい気持ちはあるんだけど、すぐ嫌になっちゃうんだよね~」と言いました。

「やりたい気持ち」じゃなくてきっと「やらなくちゃいけない」という気持ちなんだろうな・・・と理解しました。

まだ、「勉強の目的」が見つかっていない気がします。

「興味がない事はやらない子」です。

もう少し待ってみよう。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com