中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

最近のお気に入り。

たくさん「本」は読むけれど・・・

 

子どもの頃からの「読み聞かせ」が効いたのか、息子は本好きだ。

 

トイレの中にまで本を持ち込み読んでいる。

 

但し・・・特急の本や、釣りの本、ふざけた本ばかりだ。

 

バカボン」もよくよんでいる。

 

この前の「中間テスト」の最中も、「勉強してくるね」と言っていたが、机の上を見ると、

「グレッグのダメ日記」が、4冊置いてあった

 

そう1冊ではなく「4冊」だ。

 

 

グレッグのダメ日記

グレッグのダメ日記

 

 

 

 

一体息子は「グレッグ」に何時間使ったのだろう・・・

 

 

グレッグのダメ日記 ぶっこわしちゃえ

グレッグのダメ日記 ぶっこわしちゃえ

 

 

 

テストが返ってきているはずの今でも、どこかしらに「グレッグ」が置きっぱなしにされている。

 

先生に成績が悪過ぎて、呼び出され怒られたって、テストのバツ解きすらせずに、「グレッグ」を読んでいる。

 

「お風呂入ってくるね」と言って立ち去った後も、手には「グレッグ」があった。

 

トイレの隅のコーナーにも新しく「グレッグ」が置いてあった。

 

「どんなけグレッグが好きなんだよ!」

 

どうやら今は「グレッグ」夢中のようだ。

 

ただ、もう1冊床に転がっていた本があった。

f:id:mikan-iro:20191104230453j:plain

西原さんの「生きる悪知恵」。

「正直者よりウソつきになれ」と書かれている。

ああ、息子が好きそうだ・・・・

 

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

 

 

 

そしてもう1冊のお気に入りは「田中角栄100の言葉」だ。

田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

 

 

確かに全部、おもしろいけどね。

親の希望としてはもう少し「大人な本」がいいな・・・

そして、全然頭がよくなる気がしない・・・

でも、「生きる力」はつきそうだ。

 

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com