中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

悩みに悩んで・・・

あちこちに尋ね歩く。

 

さて、何度も、何度も、

 

息子の成績はもう諦めた・・・  

 

と思い、穏やかに過ごそうとするのだが、

いかんせん学校がそれを許してはくれない。

 

心穏やかになった頃になると、学校から電話がかかってくる。

 

「今回の英語も酷かったです。

英語だけじゃなく、全教科よくないですね~。

このままじゃ、どんどん負債が増えていきますよ。

どうしましょうか?」

 

 

知らんがな。

 

そっちで何とかしてくれよ。

 

ダメだったら、ダメでほったらかしかよ。

 

補習プリント配って「やっておきなさい。」で終わりかよ。

 

そんなんでみんな出来るようになるのかよ。

 

ただ渡された「プリント」を素直にできる子なら、もっといい成績取っとるわ。

 

「面倒見がいい」って「成績が悪いですよ~」って、親に電話してくる事かよ。

 

その電話のせいで、こっちは心乱されて、不安になり、また親子ゲンカが勃発するじゃないかよ。

 

 

「中学生になったら、ここからは学校が面倒見ますから、どうか親御さんはここまでで手を離してやってください。」って言ってたじゃないかよ。

 

メチャクチャ期待して入ったのにこれかよ。

 

もっとちゃんと見てよ。

 

と文句を言いたいが我慢。

 

要するに成績が悪いのは親のせいだから、お前が何とかしろ!!って事ね。

 

なるほどね~。

できるもんならやっとるわ。

 

 

さて、どうしたもんかね・・・

いろんな先生たちに相談した。

 

●彼は大丈夫だから放っておく。

 

●彼は隣にべったりくっ付いてないと絶対にやらないから、誰かを付ける。

 

●先に興味関心を育てるべきなので、そっちを試してみる。

 

●失敗しないとわからないので、失敗させる。

 

等、いろいろ意見をもらったが。

一番気になったのが

 

「メシが食える大人じゃなくて、かわいがられてメシを食わせてもらう大人がいいんじゃないか?」という意見。

 

じゃあ、何のために年長から4年間「花まる」に通い、小3から4年間「スクールFC」に通ったんだよ?

 

メシが食える大人にしてくれるんじゃなかったのかよ~。

 

 

 

メシが食える大人になる! よのなかルールブック
 

 

 

まあ、全てに於いて規格外の息子の事。

普通の人のようにはいかない。

恐らく「生きる力」は凄まじくある。

 

とはいえ、高濱先生も「基礎学力はいる」とおっしゃっていた。

誰でも知っている事は、知っていないといけないと。

 

いつ気が付いて、いつ勉強始めるのかな~。

待ち遠しいな~。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com