中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

毎回大騒ぎの「予防接種」

「インフルエンザ」の予防接種に行った。

 

すごく小さい頃、何の抵抗もなく平気で注射されていた息子。

 

「ああ、この子強い・・・注射平気なんだわ~」と誇らしく思っていたが、

 

「注射されても気が付かない」という、ボーッとした子というだけだった。

 

 

ところが、物心がつきだしてから、それはそれは毎回大騒ぎ

 

騒ぐ、暴れる、殴る、逃走する・・・という事をしていた。

 

あまりにも酷いので、大きい病院では

「お母さんは部屋から出てください」と言われて、私が外に出ると、看護師さんに3人がかりで押さえつけられ、更にネットにまで入れられていた。

要するに「その姿」を親に見せる訳にはいかないので、部屋から出されたのだ。

「うわっ、ここまでするんだ・・・」と思ったものだ。

 

小さい頃から毎年、「インフルエンザの予防接種」は2回ずつうけている。

 

その割には、毎回、AもBも両方掛かり、「何でやねん!!」とツッコみたくなるような子だった・・・

 

 

近所のやさしい小児科の先生は、「うわっ、また来たか!」といつも笑ってくださっていた。

「混んでいる時には来ないでくれ~と思うとおっしゃる正直な先生だ。

混んでいる時に、息子の「予防注射大騒ぎ」に付き合ってる時間はないからだ。

 

 

「うわっ、これどのくらい痛い?」

 

「ちょっと待って。」

 

「もうちょっと待って。」

 

「絶対痛いよね。」

 

「今日はやめとこうかな。」

 

「よしっ、やるぞ!」

 

「いや、やっぱりちょっと待って・・・」

 

と、こんな調子でなかなか進まない。

 

 

低学年の頃は、針が刺さっている時に暴れて、

注射痕が真っ赤に腫れあがった

 

今は、その経験があるので「暴れた方が後が痛い」という事を知っている。

 

なので、刺された瞬間から、なるべく動かないようじっとしている。

 

 

 

「ねえ、何秒刺す?」

 

「3秒。」

 

絶対だね。」「3秒なんだね?」

 

「い~ち、に~い、さ~ん。ハイお終い。」

 

「う~っ、いったぁ~。」

 

 

いつも私も一緒に打つが、

何をそこまで騒ぐ事があるのかわからない?

 

 

とにかく隙あらば、「今年は打たなくていいよね?」と言ってくるので、

「予防接種してても、インフルエンザかかるのに、してなかったら、メチャクチャ重症化して、その看病って一体誰がするの?お母さんは嫌だ!!それで、いっつも看病して感染されるし!!」と言ってやった。

 

 

もう中1なんだから、「インフルエンザの予防接種」くらい、つべこべ言わずにサッと済ませろよ・・・・めんどくさいよ。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com